« 小川の復活を祈る | Main | J1リーグ第14節:名古屋グランパスvs清水エスパルス »

July 22, 2010

MacBook破損〜修理顛末記

ある日気がつくと、MacBookのパームレスト右手部分が破損していた。
よく見ると、ノートブック型パソコンの蓋になる液晶面に突起がありその突起の形と欠損が部分的にも経常的にも一致している。
最初は、特に使用に際して不都合となるような問題もなさそうなので、放置プレーで行くかと思いもしたが、美的にイマイチ納得がいかないので修理することにした。
P6300010
問題は修理にかかる費用・・・といことで、まずはネット検索。
すると、かなりの件数がヒットしてきた。
そして、内容を読むと無償修理の対象になるらしい。
「こりゃ、もうけた」と喜んだが、今になって思い返してみれば何も儲けていない。
それどころか、いらぬ労力を使いかなりのムダを重ねることになるのだ。

とりあえずは、名古屋栄のAppleStoreへ向かう。
丁度、名古屋に出向く用事もあり、そのついでに・・・と言うわけだ。
ところが、世の中はそれほど甘くはない。
時期的に、iPhone4が世に出て数日、週末のAppleStoreは人でごった返しておった。
人波をかきわけ2階のGenius Bar(Appleではサポートデスクをこう呼ぶのだ、カッコよかろ?)へ向かう。
Genius Barも人、ひと、ヒトでゴチャゴチャしており、ようやくデスクに辿り着いて「これ、直してちょ!」と言ったところ「ご予約は?」と言われたところでハタと思い出した。ココは予約がいるのだと・・・。
グラリとヨロメキそうになる我が態勢を立て直し、次の予約空き時間を訪ねると、5時間後。
当日の修理は無理であるな・・・とやっとのことで判断を下す。
せっかく来たのであるから、ナニカを買って帰るかと、店内を見渡すと発売したばかりで品薄という情報の流れていたiPhone4用のBumperがあったので買ってその場で装着。
iPhone4が予約者にもまだ行き渡っていない時期に、ポケットからiPhone4を取り出し、Bumperを装着する心地よさ、ふふんのふんだ。
その時点で、何人かの羨望の視線を感じつつ、店頭で「AppleStoreなう!」とtwitterでつぶやいてやった、ふふんのふんだ。
セコい腹いせを済ませて店を出るが、駐車場料金が気になりコバシリに駐車場に向かい帰宅。
帰宅後、正式にGenius Barの予約。
数日後に再びAppleStoreへ向かい、無事MacBookを預けることが出来た。
そのまた数日後、修理完了の連絡を貰い三度目のAppleStore。
Genius Barで修理完了のMacBookと再会した嬉しさのあまり、大きなミステイクを犯してしまう。
「コレが修理の終わった貴殿のMacBookでござる、保護シールを剥がしてもよござんすか?」と言う意味のオコトバをいただき「はは〜っ、有り難き幸せ」となんの違和感も感じることなくウキウキと店を出て、そのあたりで彷徨いているはずのカミさんと合流し、パスタなんぞを食べつつ「おう!これが修理が終わったMacBookだぜい!」とMacBookをケースから取り出し見せびらかしてさえいるのだ。

そして帰宅後、鼻歌まじりにtwitterでも・・・とMacBookを開き、つぶやこうとしたところ、なんか変・・・なのだ。
このオオバカ者はこの場に至っても気がつかないで、なんか変・・・とか言っているが、よく見るまでもなくキーボードがUSからJISになっているぢゃないか!

P7070023

なんか変・・・どころか、満足にキー入力ができない。
即座にAppleStoreに電話してみるが「お客様からの電話はAppleにとってとても大切です、もすこしお待ち下さい」と録音の音声がくりかえすばかりで、ちっとも担当者が出ない。
もう諦めたぁ〜、オレがこのカッコ悪いJISキーボードに慣れればいいんだ!と言うレベルにまで達したとき、娘がやってきて「なにこれ、カッコ悪い」と一言。
その一言で、再びAppleStoreに電話。
やっと繋がると、担当者が平身低頭する番で、オレとしちゃ修理を確認してサインまでしたんだから悪いのはオレだよなぁ〜、というアタマがあるもんだからどうも強気に出られない。
ということで、翌日四度目のAppleStore(笑)。
結局行ったり来たりやら、せっかく大都会に出て来たんだからナニカ買わねば・・・という田舎者根性丸出しで、出費がかさみ、せっかく無償になった修理代くらいは吹っ飛びました、多分。

|

« 小川の復活を祈る | Main | J1リーグ第14節:名古屋グランパスvs清水エスパルス »

Comments

こんにちは。
私も何度かAppleStore名古屋栄に修理に行ってますが
一筋縄ではいかないところですよね。
もうあきらめていますが・・・

>娘がやってきて「なにこれ、カッコ悪い」と一言。
すばらしい一言!
macのキーボードはUSにかぎる!

Posted by: Hi | July 22, 2010 at 04:28 PM

ぷっ♪

Posted by: 平針丸 | July 22, 2010 at 04:30 PM

Hiさん、コメントありがとうございます。
デザイン的に優れるMacの場合、かなの表記されたJISキーボードは「ものすごく」格好悪いです。
USキーボードという選択肢があるので私はそちらを選んでますけど。

本当に今回は娘のヒトコトで我に返りました(笑)。

Posted by: standy | July 22, 2010 at 10:22 PM

平針丸さん、ぶぶっ♪

Posted by: standy | July 22, 2010 at 10:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/48946499

Listed below are links to weblogs that reference MacBook破損〜修理顛末記:

« 小川の復活を祈る | Main | J1リーグ第14節:名古屋グランパスvs清水エスパルス »