« J1第18節 名古屋vs.浦和 名古屋グランパス 首位奪取 | Main | 奥飛騨温泉郷 平湯 匠の宿 深山桜庵 »

August 29, 2010

J1第21節 名古屋vs.京都 名古屋グランパス 首位ダニ

152722208

18節の浦和戦、試合終了直後のアナウンスで首位を奪い取ったコトを知って以来、グランパスは首位を堅守。
J1の首位に立つと敗れるという「負の連鎖」もなんのその、(予想を裏切り)奪取から快走へと移行し、さらに独走という盤石の首位モードを見届けるために瑞穂スタジアムに向かった。

試合開始のおよそ3時間前にスタジアムに到着したが、直近の駐車場は満車。やむなく別の駐車場に車を止め、スタジアムの前に並ぶ入場を待つ人々の列に加わった。そんなことからもグランパスの好調を裏付けることができる。いつものゴール裏右寄りに席を確保し、試合開始を待つ。開始30分前にはゴール裏はもちろん満席。その他の指定席もほぼ埋まり、徐々に暮れる黄昏とともにゲームは始まった。

試合開始直後からグランパスのペースで試合は進む。
ホームのゴール裏からの観戦では、グランパスのフリーキックやコーナーキックの連続も対面のゴールに向かうことになり、まるで長良川の鵜飼い見物のようでもどかしい。まさか後半に至っても対面のアウェイゴールを中心に試合が進むことになろうとは、その時には予想すらしないほどの出足の良さだった。
そんなペースに乗った中、玉田が左サイドから切り込み中村直志へのクロスを出す。直志のシュートは相手DFに阻まれるものの、こぼれ球を曲芸さながらのバイシクルシュートで捕らえたのは金崎夢生だ。
前半の中盤という時間帯に先制し1-0、前節のガンバ大阪戦に続く快勝が期待される。
ケネディーのヘディングシュートがポストに弾かれたり、玉田が決定機を逃したりする場面もあり不運と言われるかも知れないが、その不運を幸運に力ずくで差し替えてしまう力強さが今後の課題なのかも知れない。もし前半の好機にもう1点を追加できていたならまったく別の展開になったことも充分考えられるからだ。
その後も攻撃の手をゆるめないのが常勝と言われるチームであるべきなのだが、攻撃しつつもだんだんと1点を守る意識が働くのか、DFラインでのパス回しが目立ってきた。時間を上手く使うことも大切であるが、手負いの相手には強固な守備より突き放すだけの点差のほうが必要なのではと思う。
と言うわけで、前半は尻すぼみ感のある攻撃で、なんとか最小点差で折り返し後半に繋いだ。

後半は、攻めに転じる京都を堅守で封じ込める展開。
もちろん完全にシャットアウトすることは難しく、危ない場面が続出するが、その中で刮目されたのがフィールド中盤を縦横無尽に走り回る中村直志と、ドリブルで切り込んでくる相手の後ろから襲いかかり攻撃を寸断してしまうダニルソンの活躍だ。特にダニルソンは翌日の監督談話にも有るように二人半分の活躍。見ていると素晴らしい瞬発力で後方からドリブラーに追いつき身体を寄せボールを奪う。まるで空中で獲物を襲う猛禽類のようだ。相手FWが止まっているように見えるというと大袈裟かも知れないが、そんな印象すら与えてくれる。
どちらにせよ、この試合もそして今後も続く首位争奪戦もこの二人の力は欠かせない。
そして、スターティングメンバーもサブメンバーもそれぞれ自分の持つ力が発揮できたときには、首位快走から首位独走に紙面のタイトルが変わるだろう。
そんな紙面を早くみたいものだ。

|

« J1第18節 名古屋vs.浦和 名古屋グランパス 首位奪取 | Main | 奥飛騨温泉郷 平湯 匠の宿 深山桜庵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/49290352

Listed below are links to weblogs that reference J1第21節 名古屋vs.京都 名古屋グランパス 首位ダニ:

« J1第18節 名古屋vs.浦和 名古屋グランパス 首位奪取 | Main | 奥飛騨温泉郷 平湯 匠の宿 深山桜庵 »