« Travel of repose to Okinawa | Main | ある朝の風景 »

October 30, 2010

J1第28節 名古屋vs.C大阪 次も勝〜つ!! by 楢崎

午前中の所用が長引いて、尾張旭を出発したのは試合開始を30分後に控えた12時半。
予定では、昼前に出発できるはずだったのに・・・という泣き言を飲み込んで名古屋インターへと車を走らせる。
豊田ICのゲートをくぐり抜ける頃には、キックオフのホイッスルが鳴っていた。半泣きで市街地に向かい車を駐車場に放り込んで、タクシー乗り場に向かい「豊田スタジアム!」。
スタジアムの駐車エリアに乗り入れると聞き慣れたグランパスのチームチャントが聞こえてくる。もう、気持ちはかなり焦りまくり、半身を車外に出し「釣りはいらない」と言おうと思ったが、料金が丁度1000円で釣りはなかった(笑)。
まずは、カラッポのファンクラブブースでステッカーをゲットしゴール裏に向かう。
座席を確保していてくれるゆーこさんを探し出し、挨拶もそこそこにオーロラビジョンを見るとすでにグランパスに得点が。「誰が入れたの?」と聞くとゆーこさんの息子のナオキが「ケネディー、PK」と手短に答えてくれた。

Img_0330

この試合、なぜだか前半でありながらサポーターの方向にグランパスが攻めている。なんとなく後半を観戦しているような違和感を抱きつつユニを着用し、タオマフを首に巻き本格観戦モードに。
闘莉王、金崎というレギュラーが故障による欠場で試合内容が危惧されていたが、それほど危機感を抱かせる訳でもなく無難な試合運びをしているように見える。やはり中村直志、ダニルソンの守備が効果的。しかし、いつものようにダニルソンはボール運びの第一歩に難がある。せっかく阻止した相手の攻撃から切り替えのチャンスを失うこと数度。これさえなければ、ダニルソンはスーパプレーヤーになれるんじゃないだろうか。

後半は全体的にセレッソのペースに見える。特に残り時間が気になる時間帯からは、セレッソの波状攻撃に守勢に回らざるを得ない。
この、危機的な状況を楢崎が何度も片手で救う。相手の放つシュートを寸分違わぬタイミングでジャンプし、ゴールに向かい一直線にやってくるボールのコースを枠外のそれにしてしまう。楢崎のプレーを見ていると現日本代表のGK達のプレーが稚拙に見えるのだ。

主審の手首でロスタイムのカウントダウンが始まっているはずなのだが、なかなか試合の終了を告げる笛が鳴らない。選手達は上手に時間を使いサイドライン際でのプレーを選択しているにもかかわらずベンチのストイコビッチ監督はもっと攻撃しろとばかりの身振りに苦笑い。その身振りがガッツポーズに変わるとスタジアムは大歓声に包まれた。

Img_0337

この結果、累積の勝ち点は60に。
優勝ラインとされる勝ち点70が見えてきた。
今節のC大阪戦、次節の鹿島戦では苦戦もやむなしと言われていた試合での勝ち点3はとても大きい。
勝ち点3を得た選手達をリスペクトせざるを得ない。ここでエラソウに観戦記を書いている「今日の試合、台風で延期になればいいな」と弱気なサポとは大違いだ。

試合終了後、サポーターに挨拶する選手の中に、故障で欠場の背番号4と25が見える。まさかユニ姿で待機か・・・と思いきや、背番号4は巻、背番号25は花井らしい。
巻は、しきりに闘莉王の物まねをしてはしゃぎ回る。スタジアム内は爆笑でグランパスというチームの雰囲気の良さを再確認させてくれた。まったく巻にはFWというポジションではなくEB(エンカイブチョウ)というポジションを与えてあげたい。
そして、メインスタンド前のベンチには私服姿の闘莉王の姿も見える。闘莉王も巻の姿に大笑い&大喜びなんだけど、飛び跳ねて喜んでも大丈夫なのかね?

Img_0341

勝利インタビューは、スーパーセーブ連発の楢崎。インタビューの最後に力強く、めちゃくちゃ力強く「次も勝つ!!」。
ゴール裏は最高潮の盛り上がりを見せ" 楢崎正剛ぉ〜 俺らの誇り 代わりはいない お前が一番 そうさ名古屋の守護神" と楢崎チャントの大合唱。
思わず泣きそうになるほどグランパスの優勝を確信。


|

« Travel of repose to Okinawa | Main | ある朝の風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/49887473

Listed below are links to weblogs that reference J1第28節 名古屋vs.C大阪 次も勝〜つ!! by 楢崎:

« Travel of repose to Okinawa | Main | ある朝の風景 »