« 楢崎は驚いたが、俺は驚かない | Main | ヤマハスタジアム スタグルと浜松スイーツ »

November 27, 2010

J1第33節 名古屋vs.磐田 アウェー初参戦

Yamahaクリックで画像拡大

まだグランパスの優勝が決まっていない時期に、ひょっとして優勝がここまでずれ込むか・・・という懸念から用意したヤマハスタジアムでの観戦チケット。
すでに優勝を成し遂げたグランパスではあるものの、せっかくのチケットなのでアウェーの試合を見るのも面白いかなという軽い気持ちで磐田のヤマハスタジアムに出かけた。

道中予想された渋滞も、それほどのものではなく、午前11時頃には開門を待つグラサポの列に並ぶゆーこさん夫妻と合流。12時頃に座席を確保し、スタジアムグルメといわれるフードコートで軽く食事・・・という腹づもりが、にくまきおにぎりから始まって、ビール2杯、浜松餃子、くるくるウインナー、豚骨ラーメンとかなりの満腹状態の上に、コンビニで買った菓子をぶら下げスタンドに戻る。

ヤマハスタジアムはピッチからスタンドの距離がものすごく近く、臨場感という部分では申し分なくゲームが楽しめそうだ。
Dsc01222

この日は、バックスタンドアウェー席を覆うフラッグで選手の入場を迎えた。
そのため、開始直前は真っ赤なグランパスレッドの世界。

Dsc01206

もちろんどんな模様が記されたフラッグなのはまったく判らないが、少なくともフラッグの下の団結力というか連帯感は盛り上がることは間違いない。
そしてフラッグの中でキックオフのホイッスルを聞く。
フラッグの覆いが取り払われると、まぶしく光るピッチに白いアウェー用のユニフォームを纏ったグランパスの選手達が躍動していた。

試合の前半は、間違いなくグランパスのペースで、開始11分にケネディーがジュビロの古賀に倒されFKを得る。それを三都主をおとりに使い小川が緩やかな放物線を描く美しいシュートで先制点。この小川のシュートはリラックスし力を抜いてコントロールされた見事なものだった。
その直後にもケネディーがゴールのポストをたたくシュートを放つが惜しくも得点とはならないが、たたみかける攻撃のムードは高まる。

その数分後には、こぼれ玉を玉田がシュート。相手DFにあたりコースが変わったボールの軌道に相手GKの川口が対応し足を出すがわずかにタイミングがずれ二点目ゲット。この直後ゴール裏のグランパスサポからヨシカツコールが沸き上がるが、これは余分だと思う。

二点をリードしたまま後半に。
後半は、相手のジュビロに押し込まれる場面が多く見られた。
ジュビロの左サイドの攻撃の芽を摘み取る田中隼磨のプレーが手の届くような場所で見ることが出来た。
Dsc01229

相手のドリブルのタイミングを上手につかんだ刹那、軽く足を出しボールを奪う。そんな光景を何度も見ることが出来た。
しかし後半35分に相手のコーナーキックから最も要注意で、最も得点をさせてはいけない前田にヘディングシュートを決められて2-1。
そのまま試合は終了を迎え、結局グランパスは勝ち点3を得る事が出来、Jリーグの年間最多勝ち星に並び、最多勝ち点タイも視野に入ってきた。

Dsc01253

ところが、前田に得点を与えたことで、今年の得点王争いが混沌としてくる事になった。
しかし、その得点が前田自身のJリーグ通算100点目ということで「あたり前田のクラッカー」が来場者全員に配られるという大盤振る舞い。

Img_0522

コレをいただく僥倖に恵まれたので、前田のゴールはたいしたものだと褒めておき、次節の最終節、豊田スタジアムで行われる試合でケネディーの得点王確定というシナリオとしよう。
ただ、ここしばらくケネディーに精彩がないのが気がかりではある。

今回、初のアウェーを体験して、ホームでは感じることの出来ないサポの一体感というものを感じた。
指定された狭いエリアに閉じ込められるような観戦の中から自然発生的に生まれるものだと思うが、そこでの勝利は格別で、癖になるような気がしないでもない。


Sapoクリックで画像拡大

|

« 楢崎は驚いたが、俺は驚かない | Main | ヤマハスタジアム スタグルと浜松スイーツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/50147997

Listed below are links to weblogs that reference J1第33節 名古屋vs.磐田 アウェー初参戦:

« 楢崎は驚いたが、俺は驚かない | Main | ヤマハスタジアム スタグルと浜松スイーツ »