« J1第33節 名古屋vs.磐田 アウェー初参戦 | Main | 飛騨牛を満喫しました »

November 29, 2010

ヤマハスタジアム スタグルと浜松スイーツ

先日、静岡県磐田市にあるヤマハスタジアムに行ってサッカー観戦してきた。
もちろん名古屋グランパスの応援も大切だけども、われら夫婦にとっては「食」も大事な要素。
本来なら、帰路に浜松にある絶品ウナギを・・・(ホントは「ウナギを食べるついでにサッカー観ない?」とカミさんを誘ったんだけど)という予定だったけど、渋滞などの不確定要素を含め帰宅時間を鑑みると留守番の「きなこ」の粗相限界の12時間をオーバーする事になってしまうので、とりあえずの寄り道は最小限にということになってしまった。まあ、ウナギは今度ということで。

さて、ヤマハスタジアムで座席を確保した直後に、スタグル(スタジアムグルメ)と呼ばれるタベモノを食すことの出来るフードコートに向かう。
まず目に付いたのが「にくまきおにぎり」。

Img_0507

もともとは九州の宮崎県発祥のタベモノらしいが、ヤマハスタジアムでも店舗展開だ。
おにぎりをテリヤキ風に焼いた豚肉でくるんだもので、ここにはさらにとろけるチーズをトッピングした「チーズにくまきおにぎり」というものがあった。とろけるチーズを上にのせレンジで温めたあとバーナーで炙るという、ともすれば非効率的とも思える手間の入れよう。
まずは、ビールを購入後この「チーズにくまきおにぎり」をゲット。ふたりともその場で軽くたいらげ、次なるターゲットを探す。

パン屋の屋台の片隅に得体の知れない物体が見える。
よく見れば、ウインナーをロール状にした「くるくるウインナー」というものだ。
300円を支払い購入し、「くるくるウインナー」を手に持ったままウロウロ。
浜松餃子の文字が目に付いたので、その列に並ぶ。そこでは餃子、たこ焼き、ラーメンそして再びビールを購入。店の前にあったテーブルに席を確保し、あーだ、こーだ言いつつ飲み食いす。
餃子はスタグルということもあるのだろうが、浜松餃子の典型からははずれているけど、味は浜松のそれ。以前出かけたB級グルメの旅 浜松編の茹でモヤシ満載の"コレが浜松餃子"という感じではなかった。しかし野菜中心のタネで造られた餃子は、いくつでも食べられそう。

Img_0510

テーブルの上に食べ物が無くなると、フードコートから抜け出し(ほんとはやっちゃいけない行為らしい)目の前にあるコンビニでチョコレートやら飲み物やらを購入後スタジアムに戻る。
試合の方はこちらをご参照していただくとして、ゲーム終了後は磐田市内の大渋滞にハマり、やっとのことで磐田ICに到着。本来なら浜松西ICまで行ってうな正に潜り込み、絶品共水うなぎに舌鼓をうつ予定だったけど、帰らなくっちゃということで直進。まあ、名古屋でも1カ所だけ共水うなぎを食べることの出来る店もあるし・・・と無理矢理納得させた訳ですが。

最後は浜名湖SAで去年の夏から販売している「アイスコルネット」を食べに。

Img_0523

浜松発祥のこのスイーツ、アイスコルネットと言い、いまはかなり色々なところで食べることが出来るようになったけど、やはり地元がいちばん。
写真では判りにくいけど、ソフトクリームの下、本来ならコーンの部分が揚げパンで、我が地元にあるコメダ珈琲のシロノワールに似ている感じちゃあ感じ。
しかし、このアイスコルネット、メチャクチャうまい。超個人的な意見だけど、シロノワールを凌ぐね。中華料理の揚げパンに似た甘みのあるパンに切れ目を入れソフトクリームをぶち込む。考えただけでソソリます。浜松のどこかの店のオバチャンが考案したらしいけど、天才としかいいようがない。

そんな訳で、また色々食しましたが、帰宅後「きなこ」の散歩を終え、歩いていける行きつけの中華料理屋でグランパスの勝利を祝し祝杯をあげた夫婦は食べ過ぎですかね(笑)。

|

« J1第33節 名古屋vs.磐田 アウェー初参戦 | Main | 飛騨牛を満喫しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/50163584

Listed below are links to weblogs that reference ヤマハスタジアム スタグルと浜松スイーツ:

« J1第33節 名古屋vs.磐田 アウェー初参戦 | Main | 飛騨牛を満喫しました »