« 飛騨牛を満喫しました | Main | フットサル見てきました   »

December 05, 2010

J1最終節 名古屋vs.広島 カンピオーネ!

名古屋グランパスが優勝を勝ち取った今季のJリーグ。
残念なことに私自身は優勝の瞬間その場に立ち会えず、その後の凱旋試合も負け試合ということで、心の底から優勝を祝うという雰囲気でなかった。
その後、アウェーでの勝利を見届けたものの、スタジアム全体で優勝を祝すという状況には至らなかった。
そして迎えた最終戦。これを勝利することで、サポーターで埋め尽くされたスタジアムが揺れるほどの歓喜で優勝を祝したいと豊田スタジアムに向かった。
この日、勝利をすることによって、1シーズン制に移行後のJ1で最多勝利数、最多勝ち点タイ記録に並ぶという堂々たる優勝を成し遂げる事が出来る。そういった記録の残る勝利を得ることが出来る試合であると同時に、すでに発表のあった退団の決まった二選手、マギヌンの最終試合であり、杉本のホーム最終試合、そしてケネディーの得点王のかかった試合・・・どちらかといえば、こちらの方が強い意味合いを持つ・・・なんとしても勝ちたいという試合となった。
試合はメディア等で既報のようにケネディーの先制点、マギヌンの追加点という願ったとおりの結果。そして試合後のセレモニーも大いに盛り上がり、こちらも願っていたとおりのシナリオで幕を閉じることが出来た。
ところが、心から喜べない自分が居ることもまた事実。
グランパスの選手の中でも、サポーターに対する愛情にあふれる二選手の退団がその原因であることは明らか。マギヌンの惜別弾も杉本のセレモニーでの笑顔も見ているだけで視野がぼやけてしまう。特に杉本の途中出場時の終わることのないコールは、感涙ものだった。

できれば、来年の今頃はリーグ二連覇の王者そしてアジアの覇者としてのセレモニーが見たい。そしてそこに退団する選手の居ない最強のメンバー構成なら言うことナシなのだが・・・。

今回は、写真を多く撮ったので写真中心に・・・クリックで拡大する仕様でエントリーです。


Dsc01264

J-League Winners Schale


Dsc01294

ゴールを決めたふたりの練習風景


Dsc1306

選手入場時のコレオグラフィ


Dsc01307

ゴール裏のGO TO ASIA


Dsc01308

バックスタンドも赤


Dsc01310

メインスタンドも赤


Kgoal

前半22分右サイドの小川からのクロスにケネディーがゴールを決め、それを喜ぶ


Dsc01357

ゴール裏ではオーストラリア国旗がはためく


Dsc01376

前半32分のマギヌン惜別弾にチームメイトが集まる


Dsc01430

玉田にかわって杉本がピッチ上に現れると終わることのない杉本チャント


Dsc01439

マギヌンがピッチから退くと再びコールが沸き、それに応えるマギヌン


Dsc01473

試合終了。カンピオーネ!オレ!


Dsc01503

試合終了後のセレモニーが始まる。誇らしげにシャーレを掲げるストイコビッチ監督


Dsc01477_2

楢崎が子供を抱きかかえる。日頃もこんな風に遊んでるんだろうな。微笑ましい。


Dsc01485

ダニルソンの子供。一昔前のアーノルド坊やみたい。


Dsc01487

子供を抱くマギヌン


Dsc01504

優勝の証であるフラッグを広げ記念撮影。みんな笑顔がすばらしい。


Dsc01512

心なしかマギヌンが父親の顔になっている


Dsc01514

杉本の子供に何か話しかける闘莉王、いつもの顔とは全然違う


Dsc01517

三人の子供と場内一周をする杉本、アンダーシャツの背中には”感謝 19”の文字


Dsc01518

ゴール裏サポに挨拶、金色の紙吹雪が祝福に色を添える


Dsc01526

マギヌンに「ありがとう」闘莉王


Dsc01528

マギヌンに「行っちゃやだよ〜」小川


Dsc01539

マギヌンに抱きつくダニルソン


Dsc01542

シャーレを掲げる三都主、杉本、中村。杉本の胸には「6年間ありがとう。いつも支えてくれてありがとう!これからもグランパスを愛してください」泣ける!


Dsc01546

阿部に肩車をされシャーレを掲げるマギヌン


Dsc01549

シャーレを掲げる杉本に水を浴びせる三都主と阿部


Dsc01551

サポーターとの別れを惜しむ杉本。また戻ってきて欲しい!

最期にオマケ。


Dsc01295

来年は頼むぞ!という声援に苦笑いの槇野

もういっちょオマケ

Dsc01272

杉本の登場の時、涙ぐんで見ていたカミさん。何度もサッカー観戦に付き合わせたおかげで選手の名前と顔が一致するようになりましたが、応援していた杉本が退団ということで哀しそうでした。

|

« 飛騨牛を満喫しました | Main | フットサル見てきました   »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/50218652

Listed below are links to weblogs that reference J1最終節 名古屋vs.広島 カンピオーネ!:

« 飛騨牛を満喫しました | Main | フットサル見てきました   »