« facebookに写真をアップロードする | Main | 桜満開 »

March 30, 2011

プレイリスト

東日本の太平洋岸を未曾有の災禍が襲って20日あまり。日本国内のみならず、全世界から援助の手がさしのべられ、被災地は復興への第一歩を歩み始めた。
一言で復興とは言うが、映像だけを見てもこれからの復興への道のりの長さを考えると気が遠くなるほどだ。おそらく現地を見れば、その長さは悠久とも思えるかも知れない。
いま現在は、被災地の現状や不安を抱える原子力発電所などニュースソースとしてマスメディア的にはトップランクに挙げることができるため連日のように世界にむけて発信されているが、おそらく、いや確実に新聞の片隅にも載らなくなる日がやってくる、間違いなく。
多分、そうなった時にも被災地は復興への道のりの半ばにあると思う。まだまだ金銭的にも物質的にも援助が必要な状況にあるといった状態に違いない。
日々あらたな出来事が発生する現代では、それもやむを得ないと言えるかも知れないが、日本のある部分で生活に窮している多くの人たちがいるにもかかわらず、国民の耳目が完全に東日本から逃れてしまってはいけないと思う。
とは言いながら、私自身もおそらく数ヶ月もして、新聞紙上から災禍の情報が消え失せたとき、彼の地に困っている多くの人々の存在を忘れてしまうに違いない。
しかしながら、現在はブームとも思えるような爆発的なパワーをもつ救いの手もその勢いを急激に萎えさせることなく、細々とでも末永く続けなければ意味がない。
震災直後から現在までの日本の力は素晴らしいものがあった。団結の力、思いやりの力、道路やライフラインなどの復旧に関する物理的な力。それらは世界から驚嘆とともに讃えられ、日本の中でも「素晴らしい日本」に対する声が絶え間ない。
たしかにここ暫くは、力が必要な時間帯だと思うが、その後には力に入れ替わり継続が必要なときがやってくる。マスメディアが取り上げなければ忘れがちと言うことになれば、渦中にいるとか、心の中に深く焼き付けられた人以外は、比較的簡単に忘却してしまうだろう。残念ながら私自身も簡単に忘却・・・の中のひとりであることは間違いなく、日本国民の大多数もそうであると思う。

そこで、まったく「ごまめのはぎしり」的発想ではあるが、iTunesに震災応援ソングというプレイリストを作ってみた。

Playlist

中身は何のことはない自分のミュージックライブラリの中から応援ソングとして適しそうな曲を集めただけのものであるが、大切なのは MacやiPhoneで音楽を聴こうとするたび、そのふたつをシンクロさせようとする度に、プレイリストの中に応援ソングのリストがあるという事実。
何年か経ったときにもリストの中の曲を入れ替えたりできるようなら、なおさら記憶を引き戻してくれると思う。たったひとりが忘れずにいてもどうなるのだと言われれば実も蓋もないが、義援金を出し続けることもままならず、なにが出来るのかと問われたときにせめて「忘れないこと」と言える自分でいたい。
そして、そう遠くない将来に、夫婦での旅行でもいいし、東北の渓流への釣行でもいい、はたまた応援するサッカーチームの仙台アウェー観戦でもなんでもいいが、東北へ出かけ、地元の人と「大変でしたね〜」と笑顔で話すことを直近の夢としたいものだ。

|

« facebookに写真をアップロードする | Main | 桜満開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/51256548

Listed below are links to weblogs that reference プレイリスト:

« facebookに写真をアップロードする | Main | 桜満開 »