« March 2011 | Main | May 2011 »

April 28, 2011

飛騨金山 ぬくもりの里温泉「かれん」 春の贅沢三昧コース

私自身はゴールデンウイーク連休の二日目。
不規則な勤務形態のカミさんも休み。
「ドライブがてら昼飯でも食いに行こうや」と決めていた。
当初は美味しい山菜天ぷらを食べることが出来る清見の蕎麦屋に行こうということになっていたけど、念のため・・・と、ネットで検索すると定休日らしい。
そこで、急遽目的地変更となり昨秋、飛騨牛を堪能したかれんに予約を入れた。
今回は、春の贅沢三昧コースという、春の食材を楽しむ事が出来るメニューだ。

例によって、道中は「道の駅」に立ち寄りながら、のんびりと。
昼前に到着し、まずはひとっ風呂だ。
天下の名泉といわれる下呂温泉と同じような泉質の温泉で、ヌルヌル感がたまらない。
露天風呂の横を流れる馬瀬川は濁流で、勿論釣りが出来る状況ではないので、精神的にも落ち着いて入浴することが出来た(笑)。
川の状況がよく、誰かが竿を振り、魚を釣り上げ・・・なんてところを見ようものなら「風呂入ってる場合じゃね〜よ」という事になってしまうからね(笑)。

風呂上がりとなれば、ビールですな。
Img_1070

前菜は、ほたるいか、鰆、白魚、菜の花といった春の色香がする食材が並ぶ。
Img_1073


Img_1071


Img_1072

前菜をつついている間に用意されるのは、飛騨牛と越前ガニ。

飛騨牛朴葉味噌
Img_1067

かに蒸篭蒸し
Img_1068


蛤のどびん蒸しはハマグリの上品な味が心地よい
Img_1074

桜鯛の木の芽和えは、ちりばめられた山椒の葉がとてもいいアクセントになっている。
Img_1075


コゴミ、菜の花、タラの芽の山菜てんぷら
Img_1076


そして噛んでるとジワッと甘くなる飛騨牛のタタキサラダ。
Img_1077


白魚とつくしの茶碗蒸し
Img_1078


ミニちらし寿司、若竹吸物とデザートで満腹。
Img_1079


Img_1080


でも、これで入浴、税込みで6300円は安いと思いませんか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2011

二軒の喫茶店

今日は仕事だっちゅうに、午前中から友人からお茶の誘い。
この旧くからの友人は細菌…もとい、最近九州から転勤で地元に戻って来た。
頻繁に名古屋めずらし情報を九州の友人達に向けて発信しているようで、先日も喫茶店のモーニングに付き合ったばかりだ。
「まだ朝めしも食ってない」というので、超弩級モーニング情報(モーニング食べ放題 400円)というのを伝え午後からのお茶を約束する。

おやつの時間に待ち合わせたのは「コメダ」。九州で大型バイクに目覚めた彼は、BMWの1200ccに乗って颯爽と?現れた。

1303642145955_2

バイクはカッコいい、バイクは。ウエアも決まっている。だが中身は50過ぎのオッサンであるのでコメントは控える(笑)。

コメダでは中部地方と九州地方の食文化、その根源に潜む風土に関する考察…というかなり深遠な話題で盛り上がる。
当然目の前には、シロノワールだ。

1303642147926


彼は写真撮影に余念がない。

1303642149235


フツウは撮らない食いかけのシロノワールまで接写している(笑)。

私の仕事の時間が迫って来たので、店を出たが、今日は取材の一日となったであろう彼は、今頃写真編集に、あるいはSNSへのアップロードにいそがしくしている頃だろうか。


日記のようなもの | | Comments (0) | TrackBack (0)

またもや雨の滋賀県

くそぉ。
最初からつまづきの滋賀へのお出かけだ。
当初の計画では、22日に伊吹山ドライブウェーでSLKをオープンカーにして風を切りかっ飛ばすことから始まる筈だったのに、出かける直前にネットで調べたら、今年の伊吹山ドライブウェーは23日に開通らしいじゃないか!
まあ、どちらにしても雨ではドライブウェーどころじゃないから、予定の関ヶ原で高速道路を降りてクルマの屋根を開けるという行動は中止。
そもそも滋賀あたりは私にとっては「何もない所」な訳で、それでもまだ晴れていれば、琵琶湖の周回道路をドライブしたりもできるけど、由緒正しき歴史を辿り、その名刹を訪ね歩く…などどいう格調高い趣味を持ち合わせないオッサンにとっては、雨降りの滋賀県は退屈な場所になってしまう。
一泊の予定なので、竜王まで直行してアウトレットパークをぶらつくことにした。

1303611554194


雨降りの平日ということもあって、人出はそれほど多くないのがラッキーと言えばラッキー。オマケにこのアウトレットパークは傘がなくてもよい設計がされているので、助かった。
少しだけ店をまわってたら昼近くなったので、目的のハンバーガーショップに入ることにした。

1303611555688


このクアアイナハンバーガーは、ハワイ発祥のハンバーガーでありながらハワイには2店舗のみで、日本国内に増殖中のハンバーガーショップなのだ。ハワイの2店舗は制覇したので、国内を潰していく作戦中だけど、まだ横浜ベイサイドしか行ったことがない。中部地方に店舗がないので、苦しい戦いを強いられておるのだ。だから今回の旅も滋賀エリアのクアアイナ制圧が一つの目的なのだ、わっはっは。

1303611556905


以前も書いたけどアメリカの一流誌に書かれたように、「宇宙一旨い」といわれたハンバーガーは滋賀でも健在だった。なんたって、最初から買い物をする目的なんかなくって、ハンバーガーを食べる為に来たようなものだから、この「宇宙一」を食べたら目的の殆どを達成してしまうという訳だ。それでもせっかくだからと、ラルフローレンでポロシャツとA&Fでペンドルトンのプルオーバーを買って、ではサラバ!と駐車場に向かおうとした所で、ファミマに「カップヌードルごはん」という商品が箱単位で山積みになっていた。なんでも関西圏の限定で売り出された商品ということで、珍しいもの好きで限定という文字に弱いオッサンには素通りできる訳がない。で、一箱購入。たぶん、カップヌードルの残り汁にご飯をぶち込んだようなものだと思うけどね。
クルマのちいちゃなトランクが一杯になったので、宿に向かうことにして、高速道路を米原まで戻りあとは一般道を長浜まで。

1303611558325

長浜ロイヤルホテルでは、部屋をグレードアップしてもらって、なかなかの部屋になったが、雨に煙る琵琶湖とネズミ色の空との境界線がよくわからない景色で、どこかで見たことのある景色だと思ったら、以前琵琶湖に来た時泊まったロイヤルオークホテルの部屋から見た景色と一緒だ。なんで琵琶湖に来ると雨なんじゃ…と露天風呂に浸かりながら天を仰いだら顔面に雨粒の集中攻撃を受けた。bomb

1303611559370

楽しみにしてた晩メシは、近江牛。確かに旨かった…と思う…たぶん。堪能する前になくなっちゃいましたぁ。「おうみうし」の「おう」、いや「お」くらいかなぁ。このリベンジはどこかで果たさにゃオッサンの気が済まんレベルだ。近江のカタキは飛騨で果たすか松阪で果たすか…。

二日目も雨。この日開通初日で料金半額の伊吹山ドライブウェーをかっ飛ばすというわずかな確率に賭けたが、それも叶わず、残り時間だけはあるので一般道をトロトロと走りながら帰宅。
途中岐阜県の柳津町にあるカラフルタウンという商業施設でコーヒーブレーク。そこにあった靴屋で気に入った靴があったので、カミさんにダメモトでお願いしたら「OK」サインが出た。ティンバーランドの靴を買って貰って年甲斐もなくスキップのワタクシ。座骨神経痛が痛いよぉ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 17, 2011

斜め

今日の午後、弟とお茶を飲んでいる時に、弟から『iPhoneでsafariを立ち上げて「斜め」って検索して』と言われ、その通りにしたら、表示が傾いてた。
最初は気付かなかったけど、よく見ると確かに傾いている。
スクロールしていくと画面からはみ出してしまうくらいで、笑える。

1303033063591


Macintosh上のSafariでも同様に傾くらしいけど、まだ試していない。
Windowsではどうなるのか、職場で実験したところ、フツーに表示されアソビゴコロは理解されないようだ。試しにiPhoneでYahooを立ち上げて「斜め」を検索しても真面目に返事を返してくる。
どうやらApple(Safari)とGoogleの組み合わせに特有のアソビゴコロのようだ。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 13, 2011

カメラを持って散歩してみた

陽気がいいので、ワンコとの散歩をカメラ持参でブラブラ。

歩いて10分位すると小川があって、あまり綺麗じゃないけど水の中に亀の親子発見!
Dsc02013_3

土手にはタンポポ。
Dsc02015

菜の花も春の風に揺れています。
Dsc02016

少し上流に行くと甲羅干しの亀、こちらも親子?
Dsc02018


春の定番、ツクシも。
Dsc02028

ルートを替えて丘陵地をめざすとモモ畑。
Dsc02038

小牧基地を飛び立った自衛隊の輸送機でしょうか?ご苦労様です。
Dsc02040

方向を変えると、小牧市民球場の遙か向こうに名古屋駅のセントラルタワーズが・・・。
Dsc02044

青空にピンク色のモモが映えます。
Dsc02054

丘を降りて自宅近くに来ると、交差点の花壇に色とりどりの花。
Dsc02058

小一時間の散歩で自宅周辺をグルリとまわってみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2011

幻の蕎麦 「時香忘」 -ZCOBO-

木曽の山中にひっそりと佇む蕎麦屋、時香忘。
駐車場の奥まった位置から店の玄関まで続く回廊のようなデッキを歩いているうちに、非日常の世界に溶け込んでいくような気分になる。入り口には店名のプレートだけが掲げられ、小さな美術館といった雰囲気で、まさかその中で極上の蕎麦が食べられるとは思いもしないようなしつらえだ。

Zcobo1

店内のインテリアは落ち着いた杢で統一され、余裕のあるテーブル配置や、店から続くウッドデッキの開放感でゆっくりと寛げる空気を醸し出している。

Zcobo2

カウンターの席に通されると、これも木製のランチョンマットの上に、オーナー手製の魚をモチーフにした箸置きとZCOBOの焼き印のはいった割り箸が、こだわりを物語る。
しかし、本当のこだわりは饗される蕎麦にふんだんに盛り込まれているのだ。
「採算や打算を捨て、手間暇を惜しまず・・・」と語るように、通常の10倍以上の時間をかけて捏ね上げられた蕎麦は、粗挽きの蕎麦でありながら、しっとりとした質感を持ち、小麦粉を使わないにもかかわらず、腰の強さを持つ。
恐らくその秘密は、限りなく0%に近いツナギの存在にあるらしい。店のリーフレットには、0.12%の葉脈と0.2%の木の繊維と書かれているように、雄山火口(おやまぼくち)という山菜や山葡萄の木の繊維を和紙を漉く要領で蕎麦粉と混ぜ合わせているのがそれだ。
しかし、そのようなわずかなツナギの種類選定や配合の決定の裏に、気の遠くなるような試行錯誤があったことは想像に難くない。その結果、客が今まで食べたことのないような蕎麦を食し、そして再び食べたいと願う蕎麦が出来上がったのだろう。
このような試行錯誤の結果に何種類もの蕎麦ができあがったものの、稀有な素材や惜しまぬ手間暇などの事情により毎日どのような蕎麦が食べられるとは限らず、今日は粗挽きのおやまぼくち蕎麦に辛み大根をのせたおろし蕎麦をセレクトして食べた。

Img_1002

蕎麦の食感は前述のようにしっかりした歯ごたえでありながらしっとりとしており、ツナギが極度に少ないにもかかわらず、短くちぎれてしまうこともなく、そのせいか喉ごしもなめらか。トッピングされた辛み大根も涙が出るほど辛く、辛み大根好きには堪らない。そば湯も濃厚で、香り高くおなかが満ちるまで呑んでしまうほど。店の人の対応も細やかで、その丁寧な対応の中にも店への愛着と蕎麦への自信をうかがうことが出来た。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 08, 2011

桜満開

たまに通る犬山市の新郷瀬川という川、川というより明治村の下にある入鹿池に蓄えられた水を流すための用水だけど、この川の堤防に沿って植えられている桜並木が綺麗だったのでパチリとしました。

Dsc02005


今日は生憎の雨模様で、青空を背景に・・・というわけには行かなかったけど、春の風情を瞬時とはいえ楽しんできました。
誰かが言っていたけども、桜は花びらを下に向けて咲き、人が愛でやすい優しい花とのこと。
確かにアップにしてみるとみんな下を向いている。たぶん言われなければ気がつかなかったなぁ。

Dsc02002

川にせり出した桜の枝からは、気の早い花びらがヒラヒラと風に舞い水面に・・・。
それはそれで美しい風景で、目を楽しませてくれます。


Dsc02011

私自身、紅葉はさほど美しく思ったコトもなく「枯れた葉っぱを見て何が楽しいの?」という無粋者ですが、びっしりと咲く桜は美しいですねぇ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »