« ノンポリ市民の原発感 | Main | ピッチサイド見学会 »

May 25, 2011

茶臼山高原 芝桜の丘

昨年か一昨年か、記憶は定かでないけれど、カミさんが「茶臼山高原の芝桜を見たい」と言っていた。今年になって新聞か情報誌で茶臼山高原で芝桜祭りが開催される事を知り日程を見れば、夫婦の休日が重なる5月25日がどうやら芝桜の盛期らしい。
介護の仕事をしているカミさんが夜勤明けで早朝帰宅後、昼前まで睡眠をとったあとのゆっくりとした出発となった。
東名高速道路春日井ICから名古屋ICを過ぎ、日進JCTから名古屋瀬戸道路で長久手を経由し、猿投グリーンロードというコースで国道153号線に。まったく快適なドライブで、ひたすら国道153号線を北上し、稲武の道の駅「どんぐりの里」に到着したのが午後1時頃。軽い昼食と情報収集が目的だったが、情報収集するまでもなく、道の駅にすんなり車を止めることが出来ない満車状態が、周辺の混雑ぶりを知らしめてくれた。
実は帰宅後知ることになるのだが、当日の朝刊に芝桜の様子が載ったとtwitterでフォロワーさんが教えてくれた(Thanks for ゆきさん)、それが芝桜の盛期にさらに輪をかけた人出となった様子。
道の駅の掲示板には、茶臼山高原へのアクセス道路である高原道路は5-8km以上の渋滞と書かれており、中には「途中まで行ったけど、渋滞で車が動かんので戻ってきたよ」という人も。
まあ、ココまで着て帰るのもなんだからととりあえずは目的地に向かう。しかし、渋滞に加わるのも癪なので、高原道路経由ではなく長野県の根羽村から入り込む少し遠回りの道でアクセスすることにした。これが大正解で、茶臼山高原の駐車場まで渋滞無しのノンストップで到着。少し離れた有料駐車場に車を止め、無料のシャトルバスでレストハウスの近くまで行くことが出来た。道の駅の情報では芝生の丘に向かうリフトも40-50分待ちということだったが、20分ほど並んで「天空の花回廊」に向かった。
リフトが頂上に近づくにつれて広がる芝桜の丘は、写真で見る通りの彩りの絨毯のよう。
下手な説明より写真の方が雄弁なので、以下の写真で雰囲気をつかんでいただければ。
(写真はクリックで画像拡大)
Dsc02556

リフトから見下ろす丘

Dsc02543

中心部のパノラマ写真

Dsc02533

丘の正面から

Dsc02538

人が映り込まないようにするのが難しい

Dsc02542

丘の上からのパノラマ写真

Dsc02544

中央部の花の密度は高い

陽があるときは半袖でもOKだけど、陽がかげると寒いくらいの陽気で、とても過ごしやすく、見事な芝桜の絨毯を堪能できた。
帰路は、さらに国道153号線を北上し、園原ICから中央高速道路で小牧東へと、こちらも渋滞無しの快適ドライブだった。

|

« ノンポリ市民の原発感 | Main | ピッチサイド見学会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/51768944

Listed below are links to weblogs that reference 茶臼山高原 芝桜の丘:

« ノンポリ市民の原発感 | Main | ピッチサイド見学会 »