« せせらぎ街道を走り清見庵へ | Main | 茶臼山高原 芝桜の丘 »

May 24, 2011

ノンポリ市民の原発感

今朝の地元紙によれば、中部電力浜岡原発の停止を受けて、夏の電力需要を再試算し、発電量電力供給量を増強したということだ。これには関西電力から供給を受けたり、停止中の火力発電の再利用なども含まれるらしく、言ってみればやりくりできる最大限度での試算らしい。当然、節電という電力使用量の大幅節電も必須となり、市民には過ごしにくい夏となりそう。

確かに今回の震災で福島原発から被った被害は計り知れず、原発の危険というものをを思い知らされた形で、できれば原発のない生活を送ることが出来ればそれに越したことはないとは思う。ところが、危機回避のため原発が停止したとたん、夏期の電力云々では「困ったな〜」ということにもなろう。しかし、ちょっと待てよ。脱原発とかで原発に基本的反対を表明している方々は、原発がなくても電力需要をまかなうことは可能と言っていたのでは?是非その方法を政府にご教授願いたいと新聞を読みながら感じた次第。

そんな訳なので、ノンポリな小市民としては、本当に原発が無くても今まで通りの生活が維持できるのならば脱原発も良いけど、節電を求められて大汗をかくのなら、本当に安全な原子力発電所というものを建設願いたい。


|

« せせらぎ街道を走り清見庵へ | Main | 茶臼山高原 芝桜の丘 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/51758078

Listed below are links to weblogs that reference ノンポリ市民の原発感:

« せせらぎ街道を走り清見庵へ | Main | 茶臼山高原 芝桜の丘 »