« オー! ジュンゴ!  マイペースな左足 | Main | 舘山寺温泉と遊園地パルパル »

March 11, 2012

2012J1リーグ第1節 名古屋グランパスvs清水エスパルス

Dsc03496

待ちに待ったJ1のリーグ戦開幕の日がやってきた。ワタクシ的には先日のACLなどはどうでもよろしいという感じ。このリーグ戦こそ名古屋グランパスの戦いの場なのだ。
選手入場のコレオグラフィーは開幕に相応しく、ユニフォームのデザインを模った"Rosso Giallo Nero(赤黄黒)"選手とサポーターの一体感に溢れるコレオだ。


Dsc03501


試合前の開幕セレモニーから写真撮影。選手達はみな気合いの入った顔つきで頼もしい。増川などは、また背が伸びたのではないかと思うほどデカク、周囲との遠近感が狂うほどだ(笑)。

試合開始のホイッスルが吹かれ、例によって相手チームに攻め込まれる場面から始まった(笑)。グランパスの試合を見てるんだなぁ〜、という感じがヒシヒシと伝わってくる。

毎度のコトながらグランパスの選手たちは、止まってボールを受けることが多い。もっと動いてボールを受けようよ。これはパスを出す方にも問題アリなのだけれど、なでしこJAPANみたいにパスを繋いで欲しいなぁ〜と思いつつ観戦。当然、止まってボールを受け取ろうとするものだから受ける直前に相手にインターセプトされ、攻守が切り替わる場面も多い。

Dsc03543


そんな時に頼りになるのがダニルソン。この試合でも相手の攻撃の芽を摘むプレーが随所に見られ、スタンドの上の方から見ていると、ダニルソンの動きは、まったく黒ヒョウのそれ。ダニルソンの執拗な追跡を受けた相手プレーヤーは追い詰められた小動物のように萎縮して止まってしまうようにも見える。この試合では積極的な攻撃参加もみられ、ダニルソンに対する期待はさらに大きくなった・・・けど、ダニルソンが前に出たときにボール奪われると守備が心配なんだよね(笑)。

Dsc03519

ここいらで得点が欲しいなぁ〜、と思い始めた前半30分過ぎ、左サイドから攻撃に参加した阿部がペナルティーエリア内で倒されPKを得る。それを落ち着いてケネディーが決めて先取点。
途中、玉田、藤本、中村と攻撃を組み立てる際の中心となる三人が負傷で交代するというアクシデントがあり、攻撃より守備にシフトを置かざるを得ないという状況に陥ったものの、見事に勝ち点3をゲット。

長いリーグ戦を経て優勝を勝ち取るには、負けないことも大切だが、昨年のように「負けないけれども勝てない」戦績で二位に甘んじるということも充分あるわけで、リーグ全体の戦況が見えてくるまでは勝ち点3を取っていって、我々を安心させて欲しいな。


|

« オー! ジュンゴ!  マイペースな左足 | Main | 舘山寺温泉と遊園地パルパル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/54193868

Listed below are links to weblogs that reference 2012J1リーグ第1節 名古屋グランパスvs清水エスパルス:

« オー! ジュンゴ!  マイペースな左足 | Main | 舘山寺温泉と遊園地パルパル »