« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/20

本物の「幻の蕎麦」

以前、拙ブログで書いた時香忘その1そして時香忘その2
時香忘という店には通常提供される蕎麦の他に数量限定の蕎麦というものが存在する。
そういった意味で言うと、前回のエントリーの辛み大根蕎麦は通常のメニューで、幻の蕎麦ではなかった。しかし今回は、正真正銘の幻の蕎麦「夜明け蕎麦」を食べることが出来た。



Img_1778

夜明け蕎麦の紹介メニュー



一日10食程度しか作れず、それも毎日メニューにのる訳じゃないとなれば、幻と言っても許されるだろう。さらにマボロシ度を上げるのがその製法だ。粗挽きと更級をつなぎの小麦粉を使わず水のみで打つという手間のかかるその製法は、日本全国に昼夜蕎麦とか白黒蕎麦という名で提供されているそれらとは一線を画しているのだ。



Img_1779
見事に表裏の濃淡が鮮やかな「夜明け蕎麦」



いつものように、生山葵をすりおろし、追加で出して貰った、沖縄のちまぬーす、アンデスの岩塩、広島の藻塩で食べる「夜明け蕎麦」は時香忘のスタンダードである「おおやまぼくち蕎麦」より咀嚼したとき特有の粘張度が感じられないものの、おそらく粗挽きの田舎蕎麦の部分が受け持つであろう香りや食感がすばらしい。ただ、田舎蕎麦のみだと粗野な感じになってしまうところを更級がバランスを取っている感じ。決して打ち消すのではなく、バランスを取るという表現が良いのか悪いのか。食べるとわかるが、文字で表現できない。



興味がおありの方は、是非一度お店で賞味して私の言葉足らずの部分をご自分の舌でフォローしてみてはいかがでしょう?これからの季節、お店のある高原は特別な季節を迎えます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »