« 2012J1第15節 名古屋グランパスvsジュビロ磐田 | Main | 釣行といえるのか・・・Yes,of course! »

July 15, 2012

2012J1第18節 名古屋グランパスvsベガルタ仙台

今回の参戦は、息子がチケットを入手してくれたので、その息子とカテ3から観戦。
豊田市駅の近くにあるいつもの駐車場に車を止め、スタジアムまで歩く。いつもながらこの道中のワクワク感がたまらない。息子は道中ですでに缶ビールをカラにしている。指定席なので焦ることなくフードコートに立ち寄って腹を満たすことにする。諭吉のカラアゲと、串もの3本づつを購入。串は、今日の相手仙台を飲み込んでしまうという意味で、塩タン。それに牛串、焼き鳥。「2900円です」と言われて「げっ、高けぇ〜」と思ったが、塩タンはぶ厚くて旨かった。

試合開始が近づいてきたので、座席に着く。座席はホーム寄りってか、限りなくゴル裏に近いカテ3。「おっ、ゴル裏の熱気が伝わってきていいじゃん」という席。しかし、ナナメ前にとてつもなく熱いオヤジがいてちょっとウザイ。まあ、これは試合が始まってからわかることなんだけどね。
Dsc03684

こんな感じの席。いつものゴル裏が近くに見える。



選手のウォーミングアップから紹介といういつもの流れ。ひとり紹介される度に「おうっ!」と声を出すが、周囲から少しウイてしまう。みなさん静かに見てるのね。
試合が始まると直後はグランパスが攻め込みいい感じだけど、いつものようにものの数分で攻守ところを変えてしまう。まあ、前半は攻め込まれた方が、選手のプレーが近くで見えていいか・・・と。
だけど、ちょっと攻め込まれる時間が長すぎませんか、グランパス。なんだかダラダラ、ズルズルと最終ラインと一列前の統制が取れてない。仙台のFW陣のバイタルへの進入をいとも容易くゆるし、ズバッ!という感じでパスを通される。あぶねぇ、あぶねぇ。
そのころから、ナナメ前のオヤジが叫びだしてかなりウルサイ。その叫びってのが怒声で、罵声。怒ってんだよ、グランパスの選手を。途中から怒りの矛先は審判に向かったけどね。ま、どちらにしても応援しろって。

直志も負傷中でいないし、ダニルソンも累積で出場停止。ここが痛い感じで、最終ラインの統率もダニエルが一呼吸づつ遅れて、結局はばらばらになるわけだ。そこら辺の守備ラインのコントロールが見える席だったので攻められたときの脆さがよく判ったし、楢崎がしょっちゅうダニエルをどやしつけていたのもよく判った(笑)。

前半は攻撃的にはいいとこなしで、向こうにちっちゃく見えるゴールのあたりで、ゴチャゴチャと人が動きグランパスの選手達が「うわぁ〜」と喜びながら走ってこっちの方に来るというシーンを期待したけど、そのカケラもなかった。しかし、どうにか守って0-0で折り返す。

※ところが試合後のストイコビッチのハーフタイムコメントに驚いた。
 ・前半は我々のペースで試合が出来ている。
 ウソやろ、これ。それとも一流のプロが見れば、そう見えるもんなのか。

Dsc03691

永井や金崎が「ココ!」と要求するもそこにボールは来ない。



後半は目の前のゴールにグランパスがシュートをたたき込むシーンを想定しカメラを構える。
ところがそうはならんのねん。永井、金崎が監督の指示通りサイドに開きボールの配球を待つが、真ん中のケネディーにボールが集まりがち。ガチガチに警戒されているケネディーは三人相手にプレーするなんてコトがざらで、そこで攻撃が途切れてしまう。なにせ守ることに重点を置いて引き気味の仙台は、ゆる〜いバイタルの名古屋に比べ盤石のバイタルって感じ。そこへボールを通すのは至難の業だね。
田中隼と阿部のサイドバックもあまり攻め上がらないし、途中まで上がって中途半端な位置から上げるクロスは精度に欠けるありさま。とくに阿部ちゃん良くなかったなぁ〜。どちらにしても攻撃が淡泊で、もっと揺さぶりが欲しいところ。

揺さぶりの起点となって欲しい小川は、何の役にも立たない。いつも思うんだけどスポーツ新聞の選手別評価欄、小川は5.5とか6とかそこそこの数字をもらってて、よく走って・・・とか書かれてるけど、プロが見る目は違うのかな。どうしてもそうは見えない。そりゃサッカー選手だから走るさ、でもそれが効果的な走りには見えないんだよなぁ。パス出しゃいい加減なとこにパス出すし、対人プレーではことごとく負けてるし。スゴク消極的な選手に見えるんだよね、新聞なんかで喋ってるコメントは勇ましいけど(笑)。

途中で金崎に替わって投入された田鍋。持てるスピードの一端を見せてくれた様な気もするけど、なにせプレー時間が短すぎるワ。


Dsc03700jpg

今度はもう少し長い時間見てみたい田鍋。


結局試合はスコアレスドローで首位に肉薄という目論見は消えたけど、まだまだシーズンは長い。なんとかもう一度ユニフォームの右袖にゴールドのワッペンを貼りたいね。


グランパスも外国人枠空いてることだし、ホントの10番が欲しいね。ニセモノの10番はいらない。

・・・・でるぴえろ・・・・。

|

« 2012J1第15節 名古屋グランパスvsジュビロ磐田 | Main | 釣行といえるのか・・・Yes,of course! »

Comments

今晩は、あっーとうとう書いてしまいましたね、偽物の10番。まぁ僕もそう思います、枠にいくシュートがなさすぎですね彼は。芸能人と付き合ってる場合じゃないです。

そこの席は以前一度だけ僕も座りました、いつものバックと違い見え方が新鮮でした。CKのときは最高の席ですね。

仙台選はスカパーが無料で後半だけ(ミクシィのコミュで途中から知ったので)見れました。仙台の引き分け狙いの戦略にはまってしまってましたね、サイドえぐっても中に黄色いのがうじぁうじゃ居るし
もう少しフィニッシュ前のアイディアがあれば、こーゆー時玉ちゃんがいればなぁー 田邊君は期待してるんで(前任の27番のようにはならないでね)見れて嬉しかったけど。

本日の新聞にケネディ全治2週間、  どーするピクシー?

Posted by: naru | July 16, 2012 at 08:00 PM

ピクシーは好きだけど、ピクシーの采配には疑問符のワタシデス。最近はケネディー>巻しか選択肢がないような選手交代をしているだけに心配しています。それはやっちゃ~イケナイ(笑)

Posted by: standy | July 17, 2012 at 06:26 AM

ぼくもピクシーが大好きです!現役の時何度瑞穂へ行ったことか。
旧ユーゴの10番のユニも持ってます。

しかし采配はぼくも?が多いのは事実です、後半のパワープレイは本当に勘弁してほしい、あんなサッカー見たくないです!!

それでも点が入ればうれしいですが、今年は全く入らんし!

Posted by: naru-kato | July 17, 2012 at 06:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/55200156

Listed below are links to weblogs that reference 2012J1第18節 名古屋グランパスvsベガルタ仙台:

« 2012J1第15節 名古屋グランパスvsジュビロ磐田 | Main | 釣行といえるのか・・・Yes,of course! »