« 飛騨の庶民的グルメを食してみた | トップページ

2017/08/24

古いウッドデッキをリビルドしてみた

梅雨が明けるのを待って老朽化が激しかった庭のデッキを修復することにした。
およそ20年前に20万円くらいかけて設置したシロモノなんですが、あらたに業者に頼むとかなりかかりそうなので、自力でやるという決断をした(せざるを得ない)。
Img_2158

このようにコバはボロボロで、ひどい状態。


Img_2160

固定がクギでされていたので、釘抜きとカナヅチで一本づつ抜くしかなくて、およそ600本の釘抜きはかなりの重労働。途中で何度もくじけそうになってしまうが、もうやるしかない。

Img_2170

まずは束や根太の状態を知りたくて三分の一くらいの天板を剥がす。

Img_2171

予想はしていたものの、奥から二番目の根太はかなりひどい状態で、その奥と手前の根太に支えられて気にもならなかったけど、無きに等しき状態(笑)。

Img_2177

構造上、一段低い階段状の部分から組み上げないとならないことがわかったので、その部分の束を設置する。事前に全ての束の高さは調べてあったのでキシラデコール(防腐塗料)を塗った束と根太を設置。

Img_2183

20年前の施工は基礎の部分にキシラデコールが施されていない様子だったので今回はたっぷりと染みこませてやった。


Img_2188_2

奥二列の基礎は、軒下ということもあり腐食がなかったので清掃の上キシラデーコール塗布だけに決定。

Img_2189

サイズを2700mmにあわせて切り出した防腐剤含浸の木材にキシラデコール。


Img_2222

階段状の部分の天板をインパクトドライバーで固定していく。こうやって組み立てていく作業は実際に完成した形として表れるので作業が楽しい。

Img_2226


広い部分の固定をしていく。根太に沿って糸を這わせてビスが曲がらず一直線に打てるように注意する。

Img_2233

以前の材とわずかに横幅が違うため軒の柱を通す切り込みの場所も微妙にずれるため慎重にジグソーで切り込み。

Img_2250

なんとか完成にこぎ着けたが、約1ヶ月を要してしまった。炎天下で熱中症のような状態になったりもしたが、熱中しているのでしょうがないと笑い飛ばしたり、梅雨が明けたにもかかわらずの長雨にヤキモキしたりもしたが、とても楽しんで作業することが出来た。ついつい「さて次は何しようか」とネタを探してしまう毎日だ。

|

« 飛騨の庶民的グルメを食してみた | トップページ

コメント

これだけ丁寧に防腐処理を施せば、もう二度と作業をする必要はなさそうですね。(笑)

投稿: gary | 2017/08/24 19:07

もう還暦の置き土産的な作品になります。生きている間は補修も必要ないと思います(笑)
でも楽しいのでまた別口の工作を探しております。

投稿: standy | 2017/08/24 19:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80725/65703957

この記事へのトラックバック一覧です: 古いウッドデッキをリビルドしてみた:

« 飛騨の庶民的グルメを食してみた | トップページ