2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

無料ブログはココログ

« アマチュア無線今昔(1) | トップページ | パタゴニアのハンガー »

2020/01/17

アマチュア無線今昔(2)

夜な夜なの仲間の中には、途切れず細々とアマチュア無線を続けていた人もいたが、概ね無線局免許は失効、活動もしなくなった人が殆どだった。

そんなある日、一人が無線局免許を復活させ、変わった試み を始めた。

簡単に言うと先述のレピーターをインターネットにくっつけちゃう。

 

Fd56fbee39b14e88abca34309305d4c7
こんなちっちゃな無線機で…

 

ハンディートランシーバーの電波が届く範囲にインターネットに繋がったレピーターさえあれば交信範囲はほぼ無限大…らしい。 というのもこのオッサンには出てくる言葉(用語)が理解できない。 その通信にはいくつかの規格があるらしくD-StarだのAPRSだのAMRADだのチンプンカンプンなのだ。

 

F97a9715076c4343bf64a355fb4c2e72
太い指で小さなボタンを…

 

61aec7724dd9464e82bdcc6d1d5c5f3c
GoogleMap上に現れる無線局

 

使用する電波には音声信号のほか、無線局のコールサインや位置情報も含まれ、それがインターネットの地図上に表示される。その無線局がどこからどこへ移動しているのかの航跡やどこのレピーターを利用して通信しているのかなども一目瞭然だ。

 

675a2361daf34b8da5ec0ff147273f62
ヤバイくらいわかる

 

現在はまだどの無線機を買おう…という段階らしいが、エスカレートする事は明らか。いまのところ知的興味の充足程度で済んでいるものの、最終的には超遠隔地との交信も視野に入れているらしいので、ちょっと恐ろしい。

ワタクシ的には暖かく見守る程度にし、こういうものもある…と言った知識を吸収させて頂くにとどめたいと思っている。

 

 

« アマチュア無線今昔(1) | トップページ | パタゴニアのハンガー »

日記のようなもの」カテゴリの記事

コメント

当時と違い、PC関係のコストは格段に下がってます。
性能は格段にアップ。

投資額最小or既存システムで遊べるなら、やらなきゃ損ですよww
無線免許局開局申請もwebから申請できますしね。

やらなきゃ損とは全く思いませんが、少しだけ面白そうだと思っています(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アマチュア無線今昔(1) | トップページ | パタゴニアのハンガー »