2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023/08/11

ダイソン掃除機を修理する

ダイソンの掃除機のモーターヘッドのローラーが回らないとカミさんが言うので、どれどれ・・・と見てみた。 確かに吸引はしているけどヘッドのローラーが回らない。 このローラーが回らないとゴミを浮き上がらせて吸引できないし、ヘッド部全体の動きがかなり遅くなって重い。 要はとても使いにくいということだ。 そこで一念発起して修理してみることにした。 

Collage515

掃除機に使われているネジは、トルクスルといって海外製品に多く使われているタイプの☆型のもの。 ツールマニアとしてはたくさんのトルクスルを持っているけど、ダイソンに使われているT8というサイズがない。 T5以下とT10以上なら何本かあるけど。 しかし、ずっと以前に買った記憶があるので家の中の何処かにあるはず・・・と家捜し。

Collage521

あった、あった。 ツールマニアの面目躍如。 先端のチップを差し替えるタイプのちょっと使いにくい奴があった。 そこで分解開始。

Collage516

まずは掃除を兼ねてバラせるところまで分解。 ローラーが回らないということはモーターまでの経路のどこかで断線しているかモーター本体が壊れているかのどちらかだろうと当たりを付けた。

Collage520

モーター基部に見える端子のところで導通を調べると、どうやらモーターまでは通電している。 ちゅうことはモーター本体の故障ということだ。

Collage517

ところが同タイプのダイソンのモーターヘッドのモーターがどこにも売っていない。 Amazonや楽天など国内の代表的な通販サイトのどこにもない。 調べたところ中国のAliExpress通称アリエクという所に売っているらしいのでアリエクでポチッと。 ところが送料をケチって送料無料の製品を選んでしまい、商品の到着が9/30になってしまった。 まあ仕方ない、じっくり待つか。

Collage518

8月初旬のある日、わが家のポストに国際郵便。 手触りでダイソン掃除機のモーターだとすぐにわかった。 シールが貼られているのが中華製だけど形やサイズはまったく同じ。 忙しいのと面倒くさいのとで、しばらく寝かせて(笑)本日組み立て。

Collage519

モーターを組み付けて通電してみるとブォーと回る。 よしよし、今からローラーを付けるからねとヘッド部を組み立てて作業完了。 写真右上段が未通電状態、下段が通電状態。 それほど難しい作業でもなかったけど面倒くさいので今度壊れたら違う掃除機を買おう。 ダイソンじゃないやつをね。

 

2023/08/08

kuronekoからの便り

お出かけの帰路に電話が入る。 「おっ、来たか」待っていた電話だ。 電話の主はヤマト運輸の宅配ドライバー。 その内容は「Amazonから宅急便コレクト(代引き)で品物が来ておりますが22130円をご用意してお待ち頂けますか」というもの。

じつはその前日にヤマト運輸からメールが届き、内容はAmazonから宅急便コレクトで商品が届きますという事前連絡。 そのメールを見たときにまず不審に思った。 だってAmazonでそんな金額のものは最近購入してないし、記憶もない。 念のためAmazonの購入履歴をチェックして確認・・・間違いない。 カミさんにも「なにか代引きで買った?」と聞いてみるけどこちらもNo。 さらにネットで「Amazon/宅急便コレクト」でググると出てくる出てくる、最近はその手の詐欺が多いらしい。

Collage514

着信電話でまずは受取拒否すると宅配ドライバーも心得た感じで「返品の処理をします」と返事がある。 ここのところそんな荷物多いのかな。 自分が不在の自宅に何も知らない家族がいたら支払いしてしまうこともあると考えると、この新手の詐欺もそれなりの収穫はあるんだろうか。 支払いして荷物を受け取ってからの返金処理は面倒くさそうなので受取拒否できる体勢をつくっておかねばならんね。

 

2023/08/07

蕎麦つゆがなくなった

蕎麦好きなので、年中蕎麦を食べる。 もちろん本格的な蕎麦屋でも食べるが、自宅で食べることが多い。 その為に蕎麦つゆは欠かせない品だ。 その蕎麦つゆにもこだわりというか銘柄指定がある。 それが木曽の開田高原に工場を持つ「霧しな」という会社のめんつゆだ。 ところがこの「霧しな」のめんつゆはワタシの自宅近辺では手に入らないのが問題。 はじめてこのめんつゆをで蕎麦を食べたとき「これだ」と思った。 それ以来木曽にでかける都度買い求めるようにしていたけど、木曽に出かける回数も減ってとうとう切らしてしまったという次第なのだ。 同社の蕎麦はワタシの自宅付近でも買い求めるできるけど、めんつゆに関しては最寄りの販売店は岐阜の馬篭宿の少し先、国道19号線沿いにある道の駅賤母もで行かなければならないのだ。 

Collage509

よし行くか! と奮起して出かけた道の駅賤母。 不思議なことに「霧しな」のある開田高原から距離的に一番離れている賤母がワタシの知る限り最安の店だった。 770円の定価の所660円。 ところが今回は700円に値上げされていた。 軽いショックを受けたが、このご時世致し方ないと購入。 同時に今やブランドトウモロコシと化した開田高原のトウモロコシも購入。 まだ時期的に早いのか品種はグラビス種。 もう少しするとゴールドラッシュというとても甘い品種がでまわるのでまたソレを買いに行かねば・・・。

買い物を済ませ帰路から少し外れた道の駅きりら坂下に立ち寄る。 以前は寂れた感じの道の駅だったけど、リニューアルされたのかとても綺麗になっていた。 同時に蕎麦屋もできていてこりゃ寄らずにはいられない。

Collage510

店名は「はなのこ蕎麦 衣月」。 しゃれた感じの店で女性好みかなという感じ。 

Collage511

店内も綺麗でシンプルなかんじ。 開放的な南窓からは芝生の広場とその向こうには木曽川の清流を見下ろすコトができる。

Collage512

ざる蕎麦のてっぺんに蕎麦の花がひとつ飾られ、店の気遣いを感じる。 天ざると朴葉すしをオーダー。 蕎麦は細打ちでかなりみずみずしくて、夏の蕎麦という感じ。 自分の好みとは少し異なるが、今日のような暑い日はその喉ごしが心地よい。 蕎麦つゆも細打ちの麵にあったサッパリした濃さのつゆ。 これも自分の好みとはやや異なるけど麵とのマッチングを考えるととても相性がいい。 天ぷらはさすがにプロの仕事というサクサクの衣に仕上がってとてもウマイ。 濃いめのそば湯で仕上げると見た目からは想像できないほどの満腹感に腹をさすりながらドライブの続きを開始だ。

 

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »