2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大縣神社の梅園 | トップページ | 庭のハナモモがほぼ満開 »

2024/03/31

自転車のブレーキパットを交換してみた

最近、自転車のブレーキをかけるとイヤな音がするようになってきた。 いわゆる「鳴き」というやつだけど、さてこれをどうするか・・・考えてみた。 自転車屋でなおしてもらう。 コレが一番簡単そうで手早いけど、費用がそれなりにかかるので、最終手段にしよう。 自分でなおすのも面白そうなのでチャレンジしてみることにした。 ポタ友のKURAさんに見てもらうとやはり原因はブレーキで、それもパッドがけっこう減っているらしい。 部品の型番をTREKホームページで検索してShimano MT200であるとわかったので、早速ヤフオクやメルカリなどで部品をサーチするとAmazonに格安のものが見つかった。

Collage708

前後輪分の2セットで769円。 なんやら部品の価格がピンからキリまである中で769円で送料込みというのは破格だ。 迷うことなくポチったら翌日到着。 

Collage709

届いたブツがこれ。 自転車をスタンドにセットして作業準備が完了。 まずは簡単そうな前輪から取りかかることにした。 YouTubeをみるといろんな方法がある。 タイヤを外してブレーキパッドにアクセスするやり方が一般的らしいけど、職場の自転車乗りであるN氏が車体からキャリパーを取り外して手元でキャリパーの中のブレーキパッドを取り外す方法を紹介してくれた。 タイヤを外すのが面倒なのでその方法に食い付いた(笑)

Collage710

まずは前輪のキャリパーを外す。 5mmの六角レンチ一本では取り外すことができる。 

Collage711

かなり汚れているのでパーツクリーナーで掃除してピカピカにした。 取り外したブレーキパッドはそれなりに減っており新しいパッドと交換した。 やはりそれでもキャリパーの中のピストンは出ているので新品のパッドを取り付けるとブレーキディスクを差し込む隙間がない。 コレは学習済みなのでじっくりとピストンを押し戻してからキャリーパーを取り付けた。 だけどなかなか手間のかかる作業だ。

Collage712

さて、今度はブレーキ鳴きのする後輪。 まあ本番って事だ。 これもキャリパーを取り外してパッドを保持しているピンを抜く。 

Collage713

現れたブレーキパッドはペラペラだ。 おまけに片減りしている。 どうやら車軸がわずかに傾いていたらしい。 それもあわせて調整してから新しいパッドを取り付ける。 パッドがペラペラなだけに飛び出しているピストンの量もハンパでない。 なんとかパッドの間にプラスティックのヘラを差し込んでネジりこんで隙間を確保してしばらく放置。

Collage714

放置プレーが効いたのか、さしたる抵抗もなくディスクが収まった。 取り出したブレーキパッド、左が前輪、右が後輪なんだけれど後輪は限界を過ぎている感じ。 思いついてからすぐに交換して良かったワイ。

 

« 大縣神社の梅園 | トップページ | 庭のハナモモがほぼ満開 »

ライドオン 自転車のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大縣神社の梅園 | トップページ | 庭のハナモモがほぼ満開 »