2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 淡墨桜を見てきた | トップページ | 木曽川を犬山から一宮へ »

2024/04/07

桜を求めてポタリング

桜が盛期をむかえている。 天気予報では夏日となりそうな気温だ。 こりゃライドンして、桜の写真を撮りに行かねばならぬ。 よし、目的地は岩倉の五条川にしよう。 ルートは小牧山経由にしよう。 得意の小河川の堤防道路を使えばスムーズに行けそうなのでいいルートだ。 小牧山までは合瀬側だな。

Collage726

途中で感じの良い桜並木があったのでパチリ。 そして小牧山に着くと満開の桜に迎えてもらった。

Collage724

小牧山北裾にある史跡公園もピンクの帯がひろがり山肌の緑、空の青とコントラストをなしておりとても綺麗だ。

Collage727

岩倉の五条川までの途中で、花見ならぬ覗き見をする輩に出くわした。 スパイダーマンを装った覗き見男はどこかの会社の看板がわりの人形だな、言うまでもないけど(笑) そして五条川桜並木の南端あたりに到着。 このあたりは堤防の菜の花と桜でつくられた黄色とピンクのコントラストが続いている。

Collage728

臨時の自転車置き場に自転車を留め置き、写真を撮りながら両岸に連なる桜並木を歩く。 桜の花弁の中央部が濃いピンクになっているということは花びらが散る間際ということらしい。 

Collage729

豊国橋まで来ると有名な「のんぼり洗い」の展示が見られる。 冬から春にかけての風物詩である。 

Collage730

このあたりは人出も多く撮影スポットである橋の上などはかなり混雑していた。 しかし今年の桜祭りは例年のように両岸の道路に並ぶ出店が制限され決まった場所にしかテントを広げられない出店がない分歩きやすい。

Collage731

昼近くになって人出がさらに増えてきたので、桜と「のんぼり洗い」をデザインしたマンホールの蓋を撮影して帰路につく。 ヒルメシは最近のマイブームとなっている小牧駅東の「熟成中華そば 茜」で中華そばをたいらげ帰宅。

 

 

« 淡墨桜を見てきた | トップページ | 木曽川を犬山から一宮へ »

ライドオン 自転車のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淡墨桜を見てきた | トップページ | 木曽川を犬山から一宮へ »