2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 木曽川を犬山から一宮へ | トップページ | バンテリンドームで中日vs阪神戦 »

2024/04/11

五条川はどこから?

先日は岩倉市の五条川に行って桜を見てきた。 これまでも岩倉市の他、大口町や一宮市、江南市を流れる五条川で桜を愛でた。 そのほとんどは川の両岸に整備された「尾北自然歩道」を使っての自転車移動だ。 その「尾北自然歩道」を一気に走り抜けたことはないけれど、通算すればかなりの部分を走ったコトになる(たぶん)。 だけど、その最上流部はどこだ?と言われると心許ない。 ネットで調べれば簡単で、源は多治見市。 とある。 多治見の山の中から犬山市の八曽(はっそう)を経て入鹿池に流れ込んで、そこから新郷瀬川と合流し・・・とあるが地図を見ても明確ではない。 おそらく治水や利水の関係もあるんだろうけど入鹿池からスカッと流れ出してはいない。 

五条川は岩倉市、江南市、大口町のエリアでは日本さくら名所100選に選定されており川沿いに連なる桜並木はとても見事で、その桜並木にフォーカスして五条川を見てみると、どうやら入鹿池から流れ出たあたりまでが北限っぽいので走ってみることにした。

Collage737

わが家の近所に「尾張広域緑道」という県営の緑道がある。 自転車で移動するときにはかなりの頻度で利用させてもらっている緑道だ。 その緑道を北に進むと大口町内の河北(こきた)地区で「尾北自然歩道」と交わる。 その交点を緑道を北に向いて左に行けば桜並木のメインエリアである大口町内から岩倉方面だ。 今回はその交点を右に走り桜並木の終点を探ってみようと思った。 大口町を抜けて犬山市に入っても桜並木は続いている。 しかし、川幅は狭くなってきた。 「尾北自然歩道」も両岸に確保されているわけではないので、右岸、左岸とルートを変えながらも上流に向かうと入鹿池に近い。

Collage738

五条川と新郷瀬側の合流点に近いところに桜海道橋がある、その橋には五条川に架かる橋だと記されており、これが五条川であることは間違いない。 橋から上流部をみるとあれほど見事だった桜並木が途切れ途切れだ。 さらに走ってもその五条川すら途切れており「よし、ここが終点」と勝手に決めた(笑) 見ると、合流する新郷瀬川の川岸には見事な桜並木が続いているけど、それ以上探索する元気がない。

 

« 木曽川を犬山から一宮へ | トップページ | バンテリンドームで中日vs阪神戦 »

ライドオン 自転車のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木曽川を犬山から一宮へ | トップページ | バンテリンドームで中日vs阪神戦 »