2015/04/16

飛騨の庶民的グルメを食してみた

日頃住んでいる町を離れてみると、その土地の異文化…というには少し大袈裟だけど、見慣れないものや聞き慣れないことに触れることは楽しい。
その情報をたった一箇所で得ることができるのが地元のスーパーだ。
コンビニでもその片鱗に触れることは可能だけど、地元の人たちが生活のために利用しているスーパーには遠く及ばない。
旅先でそんなスーパーをぐるりと回る事が私たち夫婦の旅のスタイルとなっている。

今回は飛騨高山を訪ねてみた。
今年は飛騨高山で年末年始を過ごし、早くも二度目の高山で、それ以前にも数え切れないほど訪れたことのある土地でありながら、まだ食べた事のない郷土料理とも言える『漬物ステーキ』がパックになって売っていたので、それを買って今回自宅で調理してみた。
Img_3698


『漬物ステーキ』を開けると、真空パックに入った白菜の塩漬けと思われる漬物と、ステーキソース、鰹節、七味唐辛子でセットのようだ。

Img_3699

調理の前に漬物を少し囓る。チョッピリ塩が効いたフツーの漬物だ。ステーキソースを舐める。フツーのだし汁だな。鰹節と七味唐辛子は舐めるまでないので止めておく。
フライパンに少量の油。そこに真空パックから取り出した漬物を投入して、キツネ色に焦げた部分が出てきた頃合いで、ソースをぶっかける‼︎
ソースの色が漬物に移って味が馴染んで来たな…と思ったら別のコンロで赤らめてあった鉄板のステーキ皿にどどどっ(それほど多くないけど)と引越しさせ、その周りに溶き卵を流し込む。弱火で卵に火が通ったな、と思ったら一丁あがり。
因みにこの鉄板ステーキ皿というやつ、飛騨の家庭での所有率がとてつもなく高いらしい。
もちろんこの『漬物ステーキ』のためである事は言うまでない。
名古屋のソウルフードのひとつ、鉄板スパゲッティのために家庭が鉄板ステーキ皿を所有するよりも高率と言うのだからオドロキだ。

Img_3702

さて、アツアツの『漬物ステーキ』を食べてみた。
ひとことで言うと焼いた漬物(笑)
トーゼンといえばトーゼンでこれで終わらせると身も蓋もない。
美味いか不味いかと問われれば、美味いに傾くが、焼いた漬物の範疇からははみ出ないなぁ〜、と思いながら食べ進むと『ん⁉︎』。
びっくり疑問符がでてきた。
漬物の底面に広がるコゲが、なかなかイケる。かなり美味い。周りに流し込んだ卵との相性もバッチリで、もっと焦がせばよかったという後悔すら出てくる(笑)

結果としてはリピートあり。今度は少しの豚バラかイカを入れてもいいかも。イカの塩辛でもいいかもな。などと楽しみが増える『漬物ステーキ』だった。


グルメな話題 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/04

南信州ビール 直営レストラン「味わい工房」

先日、8人乗りレンタカーを借りて、息子夫婦&孫ふたりと、娘夫婦にジジババの総員8名で駒ヶ根に行ってきた。目的は駒ヶ根にある南信州ビールの直営レストランでたらふく食べること。それに孫の川遊び。ジジイはフライロッドも持たず手ぶらで大田切川に行くことに、トホホ(笑)。

Img_2097

南信州ビール直営レストラン 味わい工房



始めてココに来たのはいつだったか・・・かなり以前のことですでに忘れてしまったが、地ビールの旨さと料理のスバラシサだけは忘れることができず、以来何度も訪れているレストランなのだ。


Img_2098

レストランで順番を待つ間にもビールを飲むことが出来るカウンター



今年は大人数なのでキチンと予約を取って出かけたのは大正解。駒ヶ根高原周辺でもみじクラフト展が開催されていて凄い人出だ。予約のおかげで並ぶこともなく用意された席に着き、まずは各々がビールをオーダー。一杯目はゴールデンエールの大グラス。

Img_2099

まずは自家製ソーセージ5種盛り



チョリソー・絹挽き・あら挽き・あら挽きスモークの定番自家製ソーセージにジビエである鹿肉のソーセージを加えた5種盛り。

Img_2100

信州産のアルプスサーモンをスモークしたスモークサーモンのサラダ


Img_2101

フレッシュバジルのソースと琥珀ゼリーが生きるトマトとモッツァレラのサラダ


Img_2103

オーソドックスなソーセージとキノコキノコのピッツァ



この店のピッツァは薄く生地をのばしたクリスピータイプ。サクサク感がたまらん。

Img_2102

周囲の反対を押し切って独断でオーダーした信州味噌ピッツァ



オーダーする前もしてからも「味噌のピッツァ?」と疑問符やら否定的意見やらが飛び交ったが、食べてみれば皆が絶賛。あっという間にテーブルから消えた。


Img_2104

これも取り合いになった、スペアリブのグリル


Img_2108

生パスタを使った自家製ソーセージのトマトソーススパゲッティ



Img_2105

これが食べたくてここに来る・・・と言っても過言ではない牛のビール煮込み


煮込みのソースを残すのがもったいないので、さらにパンを追加してソース拭き取り作戦が展開された。

Img_2106

駒ヶ根と言えば「ソースカツ丼」


近隣にいくつもソースカツ丼の有名店があるが、オレ的には隣にある「喫茶ガロ」のソースカツ丼が好きだけど、ガロより旨いと言う少数意見もとびだし、場が盛り上がる。

Img_2107

デザートはD・W・V



D・W・Vとはデュンケル・ヴァイツェン・バニラの頭文字。オレが二杯目にオーダーした濃厚でコクのあるバナナフレーバーが特徴の小麦ビール、デュンケルヴァイツェンがバニラアイスの上からぶっかけてあるというシロモノだ。デュンケルヴァイツェンにバニラアイスを溶かしながら食べると、ほろ苦さに甘さが加わり口に中に広がる。当然のように残ったデュンケルヴァイツェンは飲み干す(笑)。


おなかをさすりながら会計を済ませると「たくさん食べていただきありがとうございました!」と、どこの店に行っても言われるフレーズを背に受け店を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

釣行といえるのか・・・Yes,of course!

昨日は友人のgaryさんと釣行。
目的地は長野県の木曽川水系。
まずは、別荘地に沿って流れる川に向かう。別荘地だけあって涼しく、下界とはかけ離れた快適さを感じるが、日の差す部分はかなり暑い。
50代半ばの二人組には堪える暑さに音を上げ、昼前には別荘地を後に、高原に向かう。

若者なら行きしなに買っておいたニギリメを川のほとりの岩に腰掛けてパパッと食べてすぐに釣りを続けるのだが、オジサンたちにはそこまでの釣欲がない。取りあえず必要なのは「休憩」なので、名物の蕎麦をすすることに意見の一致を見る。
何件かある蕎麦屋のうち、結構汚そうに見える釣り姿でも快く「どうぞ!」といってくれる店に向かった。
いつものように「まつば」では、「こんな姿でも良い?」と尋ねれば「はい、いいですよ」と答えてくれる。感じイイよな〜。
Img_2053

ふたりともざる蕎麦大盛りを注文



店内は昼時とあって、次から次へと人が入ってくる。この暑さで殆どの人がざる蕎麦を求めて老いも若きも「ズズズッ」と音を立てて気持ちよさそう。
我々も音を立ててすすり、そば湯で仕上げて店を後にした。

午後の釣りは、少しでも涼しいところを求めて上流部の日陰を流れる部分で開始。ここのところの晴天続きで川は大渇水で、釣りが出来る場所を探さなきゃいけないくらいで苦労したけど、なんとか魚を釣り上げ一安心。一区間釣り上がったので、場所移動。その途中、トウモロコシ畑の前でテーブルを置いて店を広げていた農家のテントがあったので、車を止めてトウモロコシ購入。

Img_2056

はじめてトウモロコシを生で食べたよ



自宅用に2本だけ買ったら、農家のオジサンが「そのトウモロコシ小さいから・・・」と言ってテーブルの上に並んでいるトウモロコシをつかむなり皮を剥いて包丁でまっぷたつにして「これ食べて!」って、生じゃん。と思ったけど、美味しいよ!の言葉を信じて食べると、シンジラレナイくらい旨い。一囓りすると水分が飛び散るほどの瑞々しさで、それに加えてメチャ甘い。
話はそれるけど、随分前にこの高原でトウモロコシを買ったとき「トウモロコシは茹でちゃアカン、蒸かして食べレ」とトウモロコシ売りのバーチャンに言われて以来、わが家ではトウモロコシは蒸かすもん。甘さも旨みも濃縮されて全然違ったものになるよ。

その後、少しだけ釣りをして帰路に。
garyさんが「今日はフリー、家には誰も居ない」というので夕食を一緒にすることにした。
どこがイイかなぁ〜と考えていたときにふと浮かんだのがこの店。丁度帰路の道中だし、どこでも食べることが出来るというものではない「牛まぶし」が呼んでいるし(笑)。

Img_2059

牛ロースひつまぶし



牛まぶしはこの店の商標登録らしく、他ではこの名前が使えないらしい。今回はその牛まぶしのうちロースをセレクト。ヒレ、ロース、モモと三段階あるウチの真ん中だ。食べ方はナゴヤメシの定番となった鰻のひつまぶしと同じで、とりわけ用の茶碗に、一杯目はそのまま、二杯目は薬味をのせて、三杯目はお茶漬けにして・・・というやつだ。結局茶碗に五杯分くらいあった米も完食。腹をさすりながら店を出た。

これを釣行とは言えない・・・と言うご意見もあろうかと思いますが、立派な釣行だということはアナタが五十代半ばを迎えそれでも山の中に分け入る釣りをしていたならば、その時によ〜く理解できるとお思いますよ。ちゃんと釣りをしている証拠といってはなんだけどこちらには魚の写真もあるぜ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/05/20

本物の「幻の蕎麦」

以前、拙ブログで書いた時香忘その1そして時香忘その2
時香忘という店には通常提供される蕎麦の他に数量限定の蕎麦というものが存在する。
そういった意味で言うと、前回のエントリーの辛み大根蕎麦は通常のメニューで、幻の蕎麦ではなかった。しかし今回は、正真正銘の幻の蕎麦「夜明け蕎麦」を食べることが出来た。



Img_1778

夜明け蕎麦の紹介メニュー



一日10食程度しか作れず、それも毎日メニューにのる訳じゃないとなれば、幻と言っても許されるだろう。さらにマボロシ度を上げるのがその製法だ。粗挽きと更級をつなぎの小麦粉を使わず水のみで打つという手間のかかるその製法は、日本全国に昼夜蕎麦とか白黒蕎麦という名で提供されているそれらとは一線を画しているのだ。



Img_1779
見事に表裏の濃淡が鮮やかな「夜明け蕎麦」



いつものように、生山葵をすりおろし、追加で出して貰った、沖縄のちまぬーす、アンデスの岩塩、広島の藻塩で食べる「夜明け蕎麦」は時香忘のスタンダードである「おおやまぼくち蕎麦」より咀嚼したとき特有の粘張度が感じられないものの、おそらく粗挽きの田舎蕎麦の部分が受け持つであろう香りや食感がすばらしい。ただ、田舎蕎麦のみだと粗野な感じになってしまうところを更級がバランスを取っている感じ。決して打ち消すのではなく、バランスを取るという表現が良いのか悪いのか。食べるとわかるが、文字で表現できない。



興味がおありの方は、是非一度お店で賞味して私の言葉足らずの部分をご自分の舌でフォローしてみてはいかがでしょう?これからの季節、お店のある高原は特別な季節を迎えます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/28

おでん&ワイン カモシヤ

楽しみにしていた「にっぽんど真ん中祭り」通称どまつり。もちろん祭りそのものを見ることも楽しみではあるが、その後に旨いものを飲み食いするのも目的のひとつだ。
祭りを楽しんだ後は、久屋大通公園に出店しているいくつもの屋台をビール片手に巡るのもいいけど、今回はカミさんの「ワインを飲みたい」という希望を優先することにした。
祭りのメイン会場の北の端になる栄交差点から少し北に向かい、久屋大通に出てちょっとだけ北に行くと、京都の古民家風の店構えの「 おでん&ワインカモシヤ」という店がある。間口の狭い店で、注意していないと簡単に行きすぎてしまうくらいの店だ。店の紹介には「経験豊富なソムリエが満を持してオープンしたのは、名古屋人のソウルフード味噌おでんとワインの意外なマリアージュが楽しめる店。」とある。
昭和のころ流行った歌謡曲やらニューミュージックの流れる店内は少しばかりレトロな雰囲気を醸しだしているが、それが店の名前の由来なのだろうか。
まずは、店主の厳選した本日のワインの中から、三種類の赤ワインをライトな順から出して貰うことにした。最初のワインはさっぱりしていて、祭り見物で歩き回った身体には丁度よく、スポーツドリンクのように飲めてしまう。
歌詞カードなどなくとも歌えるほど身に染みこんだ音楽を聴きながら、二杯目は南フランス産というワインを出して貰う。

1000000518

冷やしおでんと南フランス産赤ワイン

聞いたことはあるが、食べたことはないという「冷やしおでん」は、ハフハフ言いつつ食べるおでんとはまったく別物ではあるが、上品なダシの染みこんだところは共通だ。ただいちばん違うのは素材の味が強烈に主張するところ。それゆえの控えめなダシなのだろう。おでんに清涼感溢れるという言い回しはそぐわないかも知れないが、そんな表現をしたくなる。

1000000520

桜のチップでスモークした鯖の燻製

ポテトサラダと同時に目の前に並んだのは鯖の燻製。じっくりと温燻したらしい燻製は、濃厚な木の香を漂わせ、再びおかわりした芳醇な赤ワインにマッチする。

1000000521

トロトロに煮込まれたスジ煮もワインに合う

地元の赤味噌を使ったすじ煮は、すじ肉の繊維が完全にほぐれるくらい煮込まれていて、口の中で溶ける。ベースの赤味噌の味も勿論、一緒に煮込まれた凍み豆腐と大豆がイイ味を出していた。味噌という流れから海老フライの味噌だれ付けも食すが、三種類の赤ワインとの違和感はまったくない。
今回はワインで通したが、店には焼酎や日本酒も用意されており、全ての食べ物はこちらにも合いそうな気がしてならない。次回以降に是非試して見たいものだ。


店を出て、バスセンターのあるオアシス21に向かう途中のライトアップされたテレビ塔が美しく、名古屋の観光スポットのひとつであることは間違いのないところなのだが、地上波アナログ放送が終わった今、役割を果たしたテレビ塔の今後はどうなるのか。

1000000522


バスの時刻表を見れば、出発までの時間的余裕があるじゃないか。カモシヤの赤ワインで満足した夫婦は〆の一品を食べていないことに気がつく。

1000000527_2

吸い寄せられるように回転寿司店のカウンターに座る


寿司を食べ、店を出ると20mほど先にサーティーワン・アイスの店が見える。バスセンターとは少し逆方向になるけど「看板だけ見ていこうか(笑)」などと、あり得ない発言でカミさんを誘い、苦しい苦しいといいながら完食。帰りのバスではずっとおなかをさすっていた(笑)。

1000000528

雪だるまキャンペーン中 キングサイズを頼めばキッズサイズが付いてくる


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/04

せせらぎ街道を走り清見庵へ

ゴールデンウィーク中ではありながら、カレンダー上では平日となる5月2日に清見庵に行ってきた。
4月のはじめ頃から、山菜の天ぷらが食べたいと言っていたカミさんと出かける予定をしていたけど、当初計画した4月28日が清見庵の定休日で、この日にずれ込んだ格好となった。
幸いなことに高速道路の休日割引が適用されるので、小牧IC〜土岐JC〜関JC〜郡上八幡ICと高速道路を利用した。小牧〜一宮JC経由の渋滞を回避したコースだ。
時間的に昼頃の到着という予定となったため、いっきに清見まで向かうことにした。せせらぎ街道に入り車の屋根をトランクに収納しフルオープンで春の風を感じる。
清見庵では天ざるを注文の後、ざるを1枚追加し、蕎麦、山菜天ぷらを堪能した。
帰路はアチコチ立ち寄り、明宝温泉「湯星館」で湯に浸かり、明宝の國田家の芝桜を鑑賞したりして春の休日を楽しんできた。

Img_1115

フルオープンで爽快にせせらぎ街道を走る

Img_1125

清見庵に到着、いつものように大きな屋根が迎えてくれた

Img_1117

私は天ざる、カミさんは蕎麦三昧

Img_1121

6月まで暖房が必要な土地。清見庵の庭はまだ緑に映えない

Img_1134

明宝温泉でゆっくりと湯に浸かる


P5020001

國田家の芝桜


P5020003

芝桜は今が盛期


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/01

ガーデンカフェ 和さび 春日井市出川町

介護の仕事をしているカミさんにはゴールデンウィークというものがない。ゴールデンウィークまっただ中のダンナとしては、ツミホロボシ的な意味合いも兼ねて仕事場への送迎でも・・・と思い、職場へカミさんを送っていく。そこで少し早めに家を出て、カミさんの職場に近いカフェで時間を過ごし、夫婦の来し方行く末について愛情溢れる会話を・・・なんてとんでもない。春日井市出川町にある「和さび」というカフェときたら、モーニングはいいし、ゆったりとした椅子で、心地よいバリ音楽がBGMで、おまけに無料の無線LAN(FON)が使えるもんだから、写真撮ったりツイッターに書き込んだりで、会話なぞするヒマございませんでした(笑)。
Img_1114

バリの彫像が迎えてくれる店の入り口

Img_1097
店内から眺めることが出来る滝

Img_1100
選ぶことに迷ってしまうモーニングメニュー

Img_1101
モーニングに付いてくるアツアツのオムレツを作るシェフ

Img_1104
そのオムレツ 中身がトロトロでハムが入ってたりします

Img_1106
カミさんが頼んだベーグルのモーニング

Img_1107
私が頼んだ玉子トーストのモーニング

オレがあまりに一生懸命写真を撮ったりiPhone触ってたりするもんだから「かなり気にいったね」と言ってくれたカミさん。ごめんね会話なくって(笑)。今度来たらオハナシしようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/28

飛騨金山 ぬくもりの里温泉「かれん」 春の贅沢三昧コース

私自身はゴールデンウイーク連休の二日目。
不規則な勤務形態のカミさんも休み。
「ドライブがてら昼飯でも食いに行こうや」と決めていた。
当初は美味しい山菜天ぷらを食べることが出来る清見の蕎麦屋に行こうということになっていたけど、念のため・・・と、ネットで検索すると定休日らしい。
そこで、急遽目的地変更となり昨秋、飛騨牛を堪能したかれんに予約を入れた。
今回は、春の贅沢三昧コースという、春の食材を楽しむ事が出来るメニューだ。

例によって、道中は「道の駅」に立ち寄りながら、のんびりと。
昼前に到着し、まずはひとっ風呂だ。
天下の名泉といわれる下呂温泉と同じような泉質の温泉で、ヌルヌル感がたまらない。
露天風呂の横を流れる馬瀬川は濁流で、勿論釣りが出来る状況ではないので、精神的にも落ち着いて入浴することが出来た(笑)。
川の状況がよく、誰かが竿を振り、魚を釣り上げ・・・なんてところを見ようものなら「風呂入ってる場合じゃね〜よ」という事になってしまうからね(笑)。

風呂上がりとなれば、ビールですな。
Img_1070

前菜は、ほたるいか、鰆、白魚、菜の花といった春の色香がする食材が並ぶ。
Img_1073


Img_1071


Img_1072

前菜をつついている間に用意されるのは、飛騨牛と越前ガニ。

飛騨牛朴葉味噌
Img_1067

かに蒸篭蒸し
Img_1068


蛤のどびん蒸しはハマグリの上品な味が心地よい
Img_1074

桜鯛の木の芽和えは、ちりばめられた山椒の葉がとてもいいアクセントになっている。
Img_1075


コゴミ、菜の花、タラの芽の山菜てんぷら
Img_1076


そして噛んでるとジワッと甘くなる飛騨牛のタタキサラダ。
Img_1077


白魚とつくしの茶碗蒸し
Img_1078


ミニちらし寿司、若竹吸物とデザートで満腹。
Img_1079


Img_1080


でも、これで入浴、税込みで6300円は安いと思いませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/09

幻の蕎麦 「時香忘」 -ZCOBO-

木曽の山中にひっそりと佇む蕎麦屋、時香忘。
駐車場の奥まった位置から店の玄関まで続く回廊のようなデッキを歩いているうちに、非日常の世界に溶け込んでいくような気分になる。入り口には店名のプレートだけが掲げられ、小さな美術館といった雰囲気で、まさかその中で極上の蕎麦が食べられるとは思いもしないようなしつらえだ。

Zcobo1

店内のインテリアは落ち着いた杢で統一され、余裕のあるテーブル配置や、店から続くウッドデッキの開放感でゆっくりと寛げる空気を醸し出している。

Zcobo2

カウンターの席に通されると、これも木製のランチョンマットの上に、オーナー手製の魚をモチーフにした箸置きとZCOBOの焼き印のはいった割り箸が、こだわりを物語る。
しかし、本当のこだわりは饗される蕎麦にふんだんに盛り込まれているのだ。
「採算や打算を捨て、手間暇を惜しまず・・・」と語るように、通常の10倍以上の時間をかけて捏ね上げられた蕎麦は、粗挽きの蕎麦でありながら、しっとりとした質感を持ち、小麦粉を使わないにもかかわらず、腰の強さを持つ。
恐らくその秘密は、限りなく0%に近いツナギの存在にあるらしい。店のリーフレットには、0.12%の葉脈と0.2%の木の繊維と書かれているように、雄山火口(おやまぼくち)という山菜や山葡萄の木の繊維を和紙を漉く要領で蕎麦粉と混ぜ合わせているのがそれだ。
しかし、そのようなわずかなツナギの種類選定や配合の決定の裏に、気の遠くなるような試行錯誤があったことは想像に難くない。その結果、客が今まで食べたことのないような蕎麦を食し、そして再び食べたいと願う蕎麦が出来上がったのだろう。
このような試行錯誤の結果に何種類もの蕎麦ができあがったものの、稀有な素材や惜しまぬ手間暇などの事情により毎日どのような蕎麦が食べられるとは限らず、今日は粗挽きのおやまぼくち蕎麦に辛み大根をのせたおろし蕎麦をセレクトして食べた。

Img_1002

蕎麦の食感は前述のようにしっかりした歯ごたえでありながらしっとりとしており、ツナギが極度に少ないにもかかわらず、短くちぎれてしまうこともなく、そのせいか喉ごしもなめらか。トッピングされた辛み大根も涙が出るほど辛く、辛み大根好きには堪らない。そば湯も濃厚で、香り高くおなかが満ちるまで呑んでしまうほど。店の人の対応も細やかで、その丁寧な対応の中にも店への愛着と蕎麦への自信をうかがうことが出来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/24

昨日のランチ 鎌倉パスタ 春日井市

何日か前、テレビで「SP」という番組を見た。
けっこう一生懸命見ていたら、続編は映画で・・・的な終わり方。
もう映画を観に行くしかないっしょ!というフジテレビの戦略に見事にハマってしまい、昨日の午前中は映画鑑賞となった。映画の内容は敢えて書かないが、伏線を張り巡らし、疑問符だらけの終わり方からして、次もフジテレビの戦略にハマるしかないなと覚悟を決めて映画館を出た。

その足で、春日井市の鎌倉パスタという店でランチを食べた。
カミさんの誕生日がちかく、店から送られてきたDMの特別セットという奴を食べるために・・・。

オードブルからはじまって、パスタ、ピッツアというおきまりのオース。

1

オードブルを食べながら映画のことを話したり、週末に予定のある温泉ランチのことを話しているとパスタが運ばれてきた。

2

オレが選んだのは「伊勢エビソースのパスタ」。
コレが旨かった。ソースアメリケーヌっていうんですかね、海老のエキスがぎっしり詰まったソースにプリプリの海老のトッピング。こういうの好きなんだなぁ。
クリームソースのパスタを頼んだカミさんから少し奪いながら「うん、こっちのが旨い」と再確認を何度もしながら食べた。

あとは、小さめのピッツア。
これも選ぶことができて、チキンのマヨネーズソースというのを頼んだんだけど、これもイケル。
かなり満足しつつ、ドルチェっていうんですかね、デザートを食べていると、次回の割引券として500円の金券2枚がもらえた。

こちらの鎌倉パスタでも店の戦略にハマるしかないなと次回来店の覚悟を決めて店を出たというわけで、覚悟だらけの休日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧