2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

2021/11/07

最終バスで帰ってきた

10月中旬に職場を退職した私に慰労会を開いてくれると、仕事関連メーカーのM君が退職前の世間話の中で言った。 とてもアリガタイと申し出を受けて久し振りに名古屋都心部の居酒屋に向かった。 最近感染者数が減ってきたとはいえ、このご時世なかなか飲み会も難しい。 こんな退職したジジイを囲むのに人が来てくれるのか半信半疑だったけど、直前になってLINEで繋がっている別の友人からも「当日はリモートで参加します」と連絡があった。

 Img_5959

彼はいまミャンマーで仕事をしている。 私がカケダシの頃、彼も新人のセールスマンとして一生懸命に仕事をしていて、ひとつのきっかけで仲がよくなり、彼はその後どんどん出世していって大会社の役員にまでなったが、定年を前にして退職し得意の語学力と培った人脈を活かし東南アジアの人々のために仕事を始めた。 そんな彼が片田舎のジジイのためにリモート参加してくれるとは感激以外の何物でもないし、セッティングしてくれたM君にはとても感謝している。

そのほかも、業界をはなれ今後付き合っても何のメリットもないジジイを慰労するために集まってくれて涙が出そうだ。

Img_5964

Kさんは私より若いがすでに退職して、継続して元の会社で働いており仕事関係の繋がりももちろんあるが、仕事以外の趣味なんかでも共通点を持ち、先日もふたりで釣りに出かけたばかりだけど、今回この場に現れるとはまったく知らなかった。Kさんの部下のA君は大学を卒業してすぐに私が務めていたところの担当となりいろいろ話をしたけれども、彼はいろいろとおそわったと受け止めていてくれるようで、もしそれが身になっていてくれたならとても幸甚だ。 ただ見た限り営業マンとしてのスキルより腹回りの身になっているような気がしてならないが・・・。 あとT、こいつはまともに仕事で関わりを持ったことはない。 忘れた頃に会うけれども、とてもかわいい。 マトモに結婚生活も送れずにいるようだけれどもとても愉快なヤツだ。

会の終わりに記念品を頂いた。

Img_5984

パタゴニアンの私にと大好きなPatagoniaのロスガトスというフリースのクルーネックだった。 なんで欲しいけど持ってないのを知っているの?という感じだったけど、その場で着てお披露目してみた。 

本当に定年退職して、この友たちに仕事の上で何かをしてあげられることがない、というのがとてももどかしい。なにをしてあげたらいいのだろうと毎日考えている。 

 

2021/11/06

白馬で購入したもの

Img_5868

先日の白馬へのお出かけで立ち寄ったPatagonia白馬アウトレットで購入したもの。 ALTVIA PACK 22L色はグレーでL/XLサイズ。 Img_5975

Img_5977

これは自転車に乗るときに背中で動き回らないようにチェストとランバー部分にサポートベルトが付いているので購入、 当初はPatagoniaのオンラインショップで買おうと思ったけど在庫なしで、一部店舗にわずかに在庫ありという状態だった。 見てみると在庫を持つ店舗の中に白馬が入っていたので店舗購入。 

Img_5986

Img_5988

あとはカミさんのTシャツと、この白馬限定手ぬぐい。 コレはは手ぬぐい専用の額縁にいれて額装の予定。

 

 

 

2020/04/17

手ぬぐいを額装する

COVID-19による自宅待機で暇を持て余してついついポチッた手ぬぐいが届いた。

 

F6ab3f2c58bc437890ecc77884beb3d0
パタゴニア プロビジョンズ オリジナル手ぬぐい

 

届いたのは、Patagoniaのふくしまオーガニックコットンプロジェクトで有機栽培されたコットンを使用したパタゴニア プロビジョンズのオリジナル手ぬぐい 。 イソガイヒトヒサの人々が農耕や狩猟、キャンプをする様子をモチーフにしたオリジナルアートがほどこされ、楽しそうな様子が伝わってくる。

 

Aea8a3100d5b42859777233704153d46
アイロンをかける

 

折りたたみじわをとるために、和室に移動してアイロン台の上に広げる。 本来の目的である「手ぬぐい」に使用するならこんなことはしないのだけれど、楽しそうな絵柄を愛でていたいので、額装して飾ることにした。

 

1cfb3a5879914b4baae70b4b08f3ad7e_1_201_a
草間彌生さんの手ぬぐい

 

今まで、わが家の廊下には、松本市美術館で購入した同美術館限定の草間彌生【水玉強迫】手ぬぐいが飾られていたけど、それと入れ替えようということなのだ。

 

16c96ea7ac914057b9dbc01bf4228b59_1_201_a
入れ替えましょう

 

日本手ぬぐい専用の額をはずして、手ぬぐいを入れ替える。

 

Ae997eb889e2404f85fc797034a3372d_1_201_a
額装完了

 

80d24e4a636445dbb5af101ba041b284

セット完了

 

拙宅の狭い廊下の雰囲気が変わった。 まあしばらくはコレで行くことになると思うが、またいい日本手ぬぐいが手に入ったら入れ替えるやも知れず。 でも草間彌生作品も捨てがたいので、もうひとつ額を購入して違う場所に飾ることになるかも。

 

 

 

2020/03/25

パタゴニアから紙袋が届く

先日パタゴニアに注文したブツが届いた。 予想以上に早い到着で助かった。

47dc191fa9f4430d9660bd3bf5b8fb57今回は紙袋

 

さっそく開封をして中身を取り出すことに。

2c6494cbe4c242d7bdfcc3afc4d76c0d
Men's Snap-Dry Hoody (STY81745FA19)

最初に取り出したのは、Men's Snap-Dry Hoody 。 胸のトラウト・フィッツロイロゴが示すように釣り用のジャケットだ。

D49b00d59fa64482a0ddf3a1331d3b68
Men's Snap-Dry Hoody (STY81745FA19) Front View

6d35e2cc5f7944e9aca756c29702cc79
Men's Snap-Dry Hoody (STY81745FA19)  Back View

985a64f6e43c4947b98bf0e0226a2e56
Men's Snap-Dry Hoody (STY81745FA19)  Inside View

伸縮性のある素材でPatagoniaのホームページによれば「冷涼なコンディションで温かさと快適さと動きやすさを提供するフィッシング用フーディ。速乾性と伸縮性と耐久性を備え、身頃とフードには軽量ですばやい吸湿発散性を発揮する温かい裏地付き。 」で特長として

  • 速乾性を備えた丈夫なリサイクル・ナイロン63%/ポリエステル26%/ポリウレタン11%製で4方向に伸縮し、DWR(耐久性撥水)加工済み
  • 身頃とフードは吸湿発散性を備えた軽量なグリッド構造のポリエステル100%のトリコット・インサレーションの裏地付きで涼しい天候下で温かく快適
  • フードはベースボール・キャップの上にも着用できるデザイン
  • 左胸にフライボックス用のジッパー式ポケット付き。前身頃下部にハンドウォーマーポケットが2つ
  • テープ留めで調節可能な袖口
  • 左胸にフィッツロイ・トラウトのロゴ入り

とあるので、完全にフィッシングの為のジャケットで多少の風雨にも耐えられる作りになっているらしい。

 

そして続いて取り出したのは、小さなバッグ。

8342122af1a74104af01fcc7079c3616_1_201_a
Wader Work Station (STY81675)

 

またまたPatagoniaのホームページを引用すれば、「ウェーダーのサスペンダーに取り付けて、釣り場でツールやギアやアクセサリーを整頓できる、耐水性を備えた多用途型のワーク・ステーション兼収納ポーチ 」とある。

もちろんフィッシングの時には様々な小道具を忍ばせて、さっと取り出しさっと収納的な使い道もよし、行き来の道中には長めのストラップベルトをつけてサコッシュ的な使い方をするもよしという便利なポーチなのだ。

 

 

 

2020/02/10

M’s Down Sweater Hoody P/O

やっと本格的に寒くなってきた。 しばらく前に購入したまま暖冬の今シーズン、出番がないダウンセーター。 プルオーバーなので簡単に脱いだり着たりできないので、なかなか袖を通す機会に恵まれなかった。

 

4e0e95ca9df740828bdef17efbe7dbc7
M’s Down Sweater Hoody P/O (STY84635 FA18) Front View



97cc1ba64515457daf43b91b93743612
M’s Down Sweater Hoody P/O (STY84635 FA18) Back View


色はForge Greyという落ち着いたグレー。 イマドキの日本語で言えばガンメタとでも言うのがぴったりか。
パッと見た感じはかなりスタイリッシュなイメージで、オッサンぽくない(笑)。

 

F15627df602e44b9b074c8b92a97eb8c
チラリとのぞく裏地はカモフラ

 

フード に続く襟部分の皮膚と接する場所には起毛の裏地があしらわれていて、寒い日、寒い場所での着用にも配慮がなされている。

 

D2ba1acf48ba45d2aa3a24e7c73e97ef
左のカラーのほうが実色に近い

 

カモフラージュ柄の裏地はグレー系のカモフラージュ柄でなかなかセンスがよい。 patagonia製品の中には「うぇ!」っというような配色の製品も少なくはないが、これはタウンユースを意識した大人の配色でオッサンには好感度が高い。

patagoniaの製品説明によれば、

  • 丈夫なリップストップ・リサイクル・ポリエステル100%製シェル。DWR(耐久性撥水)加工済み
  • 800フィルパワー・アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン(強制給餌や生きたまま羽毛採取が行われたものでない鳥から供給されたことが、親農場から被服縫製工場までNSFインターナショナルにより認証されているグースダウン)のインサレーション入り

とのことで、よくわからんが原材料には多大な自信を持っている感じ。 着用した感じはとにかく軽い。 他のダウンと比べても軽さが実感できる軽さ(笑)
シェルのポリエステル生地は、とても柔らかな風合いと摩擦抵抗の少なさが着心地のよさを増すことに一役買っているようだ。

今年の冬は凍える寒さの日が少なそうなので、寒いうちにできるだけ着るようにしようかと思う。

 

2020/01/19

パタゴニアのハンガー

ずっと以前、どこかのセレクトショップでパタゴニアの衣類を買った時オマケとして1本だけハンガーが貰えた。

家に帰ってその衣類をパタゴニアのロゴがついたハンガーに掛けるととても絵になった。

 

37bebab95aaa4cae9937351bc89e8110
メンズ トップス用ハンガー

 

59cbdb8ee92340418364291e8aca99e6
ボトムス用

 

そのハンガーはとてもシンプルな作りで、バンブー(竹)を積み重ねて成形された構造で、トップス用では両肩にあたる部分には滑り止めのゴム、中央部にpatagoniaの焼印がある。ボトムス用は両端を結ぶ鋼線に二つのクリップが付けられた構造になっている。

ショップではこのハンガーに衣類が掛けられズラリと並ぶ。ただしそれは直営店での話。セレクトショップなどには必ずあるとは限らない。

 

B4419afbbd7d4919be000ae615070312
中央部の焼印

 

という訳で、patagonianとしてはとてもそそられるブツで、それが非売品ときた日にゃなんとしてももっとたくさん…となる。

それからハンガーを探してみたものの、非売品の扱いなのでどこかに売っているわけでもない。そんなある日、諦めかけた時にネットオークションに出品された。すかさず買ったね。

一度にたくさんの出品があるわけでもなく、出物があれば購入する。そんなことを数回。ある程度の数が揃ったけど実はまだ足りない。しかし非売品のハンガーなどそう出てこないし、最近は出てきてもペラボーな値段で、とてもハンガー如きに支払うものではないので、停滞中。

 

66f26964d8784adcb86355f072e0bd20
今のところトップス用は8本

 

Df81f9be234548fb8c7f5ec83f79485c
トップス用8本 ボトムス用4本

 

ところがコレだけでは全然足りない。今でも折を見てフリマサイトやオークションサイトを探ってみたりするが、出物はごく少なく、たまに出てきても法外な値段だったりするもんだから増える目処は全く立たない。

今はジャケット用にデザインが違ったものがあるんだけど、出てこないなぁ。

 

81ccb1a308954c69854ff98fc657da1a
全く足りない

 

スウェットや薄い衣類は畳んでタンスの引き出しに入れるようにして収納してるけど、もっとゴツいジャケットなんかは別の場所にこれまたゴツいハンガーに吊るしてあるんだけど、あそこにpatagoniaの焼印の入ったハンガーが使いたいなぁ。

 

 

2019/11/26

スタイルナンバーから知る

Patagoniaの製品には必ずといって良いほどスタイルナンバーと称される番号を記したタグが付いている。

多くは5桁の数字。稀に4桁って時もある。数字の前にはSTY、STYLE、ITEMなどという文字が付されているのですぐ判る。

その尾部にSPだのFAだのと続き二桁の数字が更に続くとこれは製造年と季節ということになる。FA14なら2014年秋製造ということになる。

旧い製品だと、その製品の正式名称なんかが判らず、こんなブログを書くときにネットをさまよって商品名を探したりもする。

ところがネットも万能ではなく、間違った商品名を堂々と書いたりもしているので要注意。

そんな時にスタイルナンバーを調べるデータベース を利用している。

Fullsizeoutput_3f57
PATAGONIA'S DATABASE OF CPSIA CERTIFICATES

 

パタゴニアのCPSIA証明書データベースというサイト。SPISIAとは米国消費者製品安全委員会(CPSC)が制定した「消費者製品安全改善法(CPSIA)」に基づいたデータベースのことらしい。
このサイトのStyle#のところにスタイルナンバーを入れてSearchボタンをクリックするだけ。
例えとして、前回のエントリーで書いたClassic Retro-X Cardigan FA14を調べてみる。


Fullsizeoutput_3f55

ここでは対象の23060というスタイルナンバーは、2012年から2014年に造られ販売された製品だということがわかる。

同じClassic Retro-X Cardiganでもタグに記されたPO Numberによってまた細分化されているようで、

今回はタグにあるPO185862という数字の左端、[View]ってとこをクリックする。

 

Fullsizeoutput_3f56
製品についての詳細・・・かな

 

ここで判るのは、正式な製品名でこの製品がClassic Retro-X Cardiganってことがわかった。あとはPO Numberが違っても何がどう違うのかはよくわからない。

同じスタイルナンバーでも製品の登録年月日がビミョーに違ってるってことくらい。

 

それにもまして厄介なのは、スタイルナンバーを入力してもウンともスンとも反応がない製品も結構ある。

アメリカ的といえば的なんだけど、調べたいことを網羅してこそデータベースなんじゃないかと言いたい訳ですよ、オッサンは。

 

 

2019/11/25

Classic Retro-X

patagoniaのモコモコ系フリースにも色々な系譜がありますが、有名なところとしてはクラシックレトロの系譜。

ただクラシックレトロと言っても古くはベビーレトロカーディガンから始まるレトロシリーズ。

レトロカーディガンからレトロXに様変わりしたのは1993年。レトロカーディガンの頃、ワタクシも現在よりかなりデブっていたのでサイズは「L」を着用しており、レトロカーディガンの通風性の良さ(笑)も気にならぬほどの体熱量だった。

しかし時は流れ、血液検査の数値にヤバさをおぼえた身はPatagoniaの衣類のサイズを「M」に変えてしまったので、いかにもPatagoniaというデザインを持ったレトロカーディガンは真冬の寒さが身に染みて、誰かにあげてしまったはず。

 

8b8e198cc2334b0cbd82f020edab892a
Classic Retro-X Cardigan (STY 23060 FA14) Blocks:Glass Blue(BGSB)

 

以下はpatagonia社の製品紹介ページからの抜粋。

ソフトでしなやかなホワホワの13ミリ厚ポリエステル・パイル、裏地は滑らかな平織りのポリエステル素材を使用。
防風性プロテクションを発揮しながら通気性も提供するポリエステル製のバリヤーが手強い風に歯止めをかけます。裏地は吸湿発散性を促進し滑りがよくレイヤリングが容易です。内側にウインドフラップを備えたフルレングスのフロントジッパーとスタンドアップカラーが突風の侵入を防ぎます。

 

Cef4f4b1838b4190b9f7a46a6679e5a1
赤い裏地に目が行きます

滑らかな平織りのポリエステル素材の裏地は情熱の赤で、表面はツルツルで本当に滑らか。中に何を着ようとも体の動きを妨げることなくとても着やすい。

珍しいブロック柄も相まって貴重な一着となっている。

 

Ad92244af8bd4010b3fae3b69280ff4a
Classic Retro-X Jacket (STY23056 FA19) Natural

そして2着目のレトロがこちら。

またもや再びの抜粋。

外側に6ミリ厚シェルパ・フリース、内側に吸湿発散性と通気性に優れたワープニット・メッシュ、その間に防風性バリヤーをはさんだ素材、内側にウインドフラップを備えたフルレングスのフロントジッパー、肩と腕の動きやすさを促進するYジョイントの袖、縦型ジッパー式チェストポケットが1つ。起毛ポリエステル・メッシュの裏地付きジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ。

Abb849e8c0b4493fb3b64a46228afa8e買ったものの登場の機会いまだ訪れず、タグが付いたまま


52e3d67471dc41c5be0f9d2ea66a43a0
発売日の発売開始時間にネット購入(笑)

 

近年あまりの人気に発売と同時に売り切れるという凄まじさに危機感を抱き、特に欲しかったわけでもないけどポチってしまったジャケット。

確かに内側はメッシュっぽくなっているが、少し硬い感じ。GORETEXのインナーがサンドされて感じに似ている。

Classic Retro=X Cardiganのすべりの良さは感じられないけど。防風能力は高そうでアウトサイドのフリースによる暖かさはそこなわれない感じがする、まだ着ていないので知らんけど。

着ごこち(動きの制限的な)の確保にも努めているようで、袖付けの裁断や縫製にも一工夫あるらしい。

Yジョイントというらしいけど、これがすぐれもの。まだ着てないので知らんけど。

とにかく寒い風が吹くようになったら一度着て見ようと思っている。

 

 

 

 

 

2019/11/18

ステッカー

そもそも車にステッカーを貼るのはそれほど好きではない。貼ったこともあるけど、色あせたり角が剥がれてくるとすぐに剥がしてしまう性分なので、最近は全く貼っていない。

唯一ステッカーを貼っているのはハードタイプのスーツケースくらいのもので、旅行に行った時空港のバゲージレーンにパタゴニアのステッカーが貼られたスーツケース が流れてくるとよくわかるからね。

そもそもステッカーって買わない。コレも買い物をした時貰ったり、友人に貰ったりしてたまっていったもの。

だけど捨てる気はないので、消極的とはいえ、コレはコレクションだなぁ。

5d8249701032491d8ff1d914f204779c
ざっと広げてみるとこんな感じ

 

D55394ed7ff74f2c95479bf2fb1bc7ce
フィッツロイロゴシリーズ

上から、パタゴニア本社のあるベンチュラ(行ったことないけど)、ハワイのハレイワ、日本の白馬。
ハレイワと白馬は買いものして貰ったやつ。
一番下のフィッツロイトラウトは友人からの貰ったもの。

 

9cf14495f40542488dfab001b7e8825e
フィッシングシリーズ

上段左のフライラインロゴは、パタゴニアのロゴの中でも好きなロゴで、このロゴがついているキャップやベストを使っている。以前は車にも貼り付けていたけど、残り一枚になったので保存(笑)

 

D19771af3a45466b88ae6f2a55621b29
ワークシリーズ

上のステッカー はどこで手に入れたのか忘れた。
下のやつは先日、白馬のショップでパタゴニアのエプロンを買ったらワークウェアに付いてるといって貰えた。

 

8356d8f488e944bfa5e559dbb3d16f07
ハワイアンシリーズ

 

このシリーズは、ハレイワのショップで貰った。 とにかくハレイワは買い物するとゴッソリステッカー をくれる。(今は知らんけど)

 

1ec1338d6c05482993226cb4a80de31d
オマケ キーホルダーとピンバッジ

 

このふたつはいつ誰に貰ったか…とりあえず自分では買っていない。

おそらく自宅を発掘すればこの類はまだまだ出てきそう。

 

2019/11/15

トートバッグ

 

ひとつ持っていて、それを使い回せば事足りるものだし、なにか専用に決めて使っても、ふたつみっつあれば充分。それがトートバッグ だと思うんだけど、ワタクシの手元には使いきれないほどのトートバッグ がある。

26413cb208b8422db9a5fb8413e8bcae
とりあえず使いまわしているやつら

 

いくつも必要ないと言う証拠に、多くは買ってきたままの状態でタンスの引き出しの中だ。

 

Ace6df003ed6459e998984d82b7eb834
こんな感じでタンスの引き出し

 

最初はトートバッグ にプリントされたパタゴニアらしいデザインに惹かれて買ったものの、あとは誰かからお土産でもらったり、誰かのお土産として買ったものが余ったりでこんな有様になった。

そう、パタゴニアのトートバッグ はお土産にぴったりのサイズ、価格なのだ。

人にあげたりしたものもいくつかあるので、所有してたのはもっと多い。

ネットオークションやフリマなどに出品しようかとも考えた時もあったけど、それぞれに思い出があってれもできない。せいぜいお土産をトートバッグ にしないことくらいかな()

せっかくなので、タンスの中で埋もれていた子たちにも少し顔を出してもらって、思い出に浸ろう

 

463ce23fef574c0395f99391ef2bb7ea
これは2008年にハワイのハレイワで買ったやつ

 


6675cb1ebb9743648741e8cb1296bb54
コレもハレイワで2010年か2012年に買った

 

E0a595ef6b3f409e80b05504e8e9055f
コレもハレイワって書いてあるので2014年か2017年

 

4b45cfefcc694b4893fce5d82b6c0ddc
コレは友人からの土産。ハワイのホノルルショップ。

 

こうやってみると、ハワイに行った時に土産として買って、自分の分もと欲張った結果だということがよくわかる。
年々デザインが変わるので「コレ、持ってるからいいや」とならないのがPatagoniaの商売上手なところなのか。

 

番外編のトートバッグも(笑)

Patagoniaのキャップ(帽子)がボロボロになったので、持っていたトートバッグにキャップのワッペンをミシンで縫い付けた。
ボロボロになって捨てたダッフルコートについていた水牛のトグルボタンとロープで蓋ができる加工をして…

Ed6fab8c004140c49633083feb7bc06a
釣り道具専用のバッグで活躍しています

77764f38a4ed4bb9815a291f45935133
PatagoniaとL.L.Beanのダブルネームモドキ