2017/08/24

古いウッドデッキをリビルドしてみた

梅雨が明けるのを待って老朽化が激しかった庭のデッキを修復することにした。
およそ20年前に20万円くらいかけて設置したシロモノなんですが、あらたに業者に頼むとかなりかかりそうなので、自力でやるという決断をした(せざるを得ない)。
Img_2158

このようにコバはボロボロで、ひどい状態。


Img_2160

固定がクギでされていたので、釘抜きとカナヅチで一本づつ抜くしかなくて、およそ600本の釘抜きはかなりの重労働。途中で何度もくじけそうになってしまうが、もうやるしかない。

Img_2170

まずは束や根太の状態を知りたくて三分の一くらいの天板を剥がす。

Img_2171

予想はしていたものの、奥から二番目の根太はかなりひどい状態で、その奥と手前の根太に支えられて気にもならなかったけど、無きに等しき状態(笑)。

Img_2177

構造上、一段低い階段状の部分から組み上げないとならないことがわかったので、その部分の束を設置する。事前に全ての束の高さは調べてあったのでキシラデコール(防腐塗料)を塗った束と根太を設置。

Img_2183

20年前の施工は基礎の部分にキシラデコールが施されていない様子だったので今回はたっぷりと染みこませてやった。


Img_2188_2

奥二列の基礎は、軒下ということもあり腐食がなかったので清掃の上キシラデーコール塗布だけに決定。

Img_2189

サイズを2700mmにあわせて切り出した防腐剤含浸の木材にキシラデコール。


Img_2222

階段状の部分の天板をインパクトドライバーで固定していく。こうやって組み立てていく作業は実際に完成した形として表れるので作業が楽しい。

Img_2226


広い部分の固定をしていく。根太に沿って糸を這わせてビスが曲がらず一直線に打てるように注意する。

Img_2233

以前の材とわずかに横幅が違うため軒の柱を通す切り込みの場所も微妙にずれるため慎重にジグソーで切り込み。

Img_2250

なんとか完成にこぎ着けたが、約1ヶ月を要してしまった。炎天下で熱中症のような状態になったりもしたが、熱中しているのでしょうがないと笑い飛ばしたり、梅雨が明けたにもかかわらずの長雨にヤキモキしたりもしたが、とても楽しんで作業することが出来た。ついつい「さて次は何しようか」とネタを探してしまう毎日だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/02/19

デジカメなんぞを買ってみた

久し振りにデジタルカメラを買ってみようと思い立った。
前回の購入は丁度5年前。SONYのcyber-Shot DSC-HX1という機種を購入して以来。
ワタクシ的にはデジカメに画素数や画質を求める方ではなく、デジカメの持つ付加価値機能の方に目が行くタイプなので、なぜこのデジカメを選んだのかは定かでない。おそらく当時としては高機能だった連写やらズームだのに目が行ったのが理由なんだろう。ところがMac使いとしてはiPhotoで地図上にパパパッと撮影地点が現れて欲しい。それをやりたい一心で、撮影した画像にジオタグ(位置情報)を付け加えるため同社のGPSロガーと連携したりしてなんとかやりくりしていたのだが、同機種はメモリーカードがSONY独自のメモリースティックにしか対応していないのが原因で、撮影後wifiを利用して画像を転送することの出来るSDカード形状のEye-fiカードが突っ込めない。
それでも光学20倍ズームをさらに倍加するテレコンバージョンレンズを追加したりしてそれなりに楽しんでいた。
それから五年を経て、同シリーズも3度の世代交代を成し遂げ、昨年フラッグシップ機として登場したのが今回購入に至ったDSC-HX400Vだ。
Img_3233

前述のように付加価値に重きを置く身としては、この機種に備えられているGPS機能、wifi機能そして光学50倍ズームを見捨ててはおけない。
iPhotoに撮影地点がパパパッと表示されて、iPhoneをリモコンとして使えて撮影後の画像も転送できて、テレコンを使わずとも50倍ズームなのだ。興奮してしまうじゃないか。

性格的に一眼レフなどというグレードアップに金のかかりそうなデジタルカメラを購入すると本体より価格の高いレンズやらそれに見合った三脚、それに見合ったバッグなどと、それに見合ったシリーズに大枚を投入しそうで、そのような禁断の世界に足を踏み入れることを自制できる年頃になった我が身ではあるが、それでも今回いろいろと購入してしまった。



Img_3240



このデジカメを購入して知ったのだが、バッテリーの充電はUSB経由で本体のMicroUSBに給電するのがデフォらしく、ACアダプタとケーブルのみが附属していた。カメラを使っている最中に充電が出来ないのだ。予備のバッテリーを充電するのがとても面倒くさい。よってAmazonで中華製と思われるバッテリーと充電器を購入。ビックリするほど安い。



Img_3239



ついでに附属のネックストラップがショボかったのでハンドストラップもAmazonで。送料込みで300円というのはあり得ない値段だと思う。




Img_3235
丁度、自宅で利用しているフレッツ光のポイントが貯まっていたので、それを利用してeyefi mobiも入手。

環境が整ったところで「さて・・・」と使い出すのがカタチから入る人の道。
ご多分に漏れずカタチから入るタチなので、全て揃うまではほとんど放置状態で、パラパラと説明書を眺め少し触ってみた程度で、ホホゥなどと感心していたが、本格的に動作させてみるとどうも違う。イマドキはYouTubeなんかで眺めた方が説明書を読むより取扱い方法が理解できるため覗いてもみたが、その画面に出てくる画像とわが愛機となったHX-400VとそのリモコンであるiPhoneの画面とがビミョーに違っている。
しょうがないので説明書を読むと、どうやらファームウェアのアップデートをしなくてはならないようなのだ。  「そうか、そうか、アップデートね」などと軽い気持ちでファイルをダウンロードしてアップデート作業にとりかかるものの、途中でエラーが出てアップデートできない。インターネットで調べたり取扱説明書を読んだりしても操作に不備はない・・・はず。
しかたが無いので最終手段のカスタマーセンターに電話を掛けると、要領を得ないオッサンがボソボソつぶやくばかりで訳がわからんので「もっと詳しい人に替わってちょ」と選手交代してもらったところ、テキパキとした若者が出てきてキッパリ言われた。
「お客様のMacOS 10.10では使えません!」
なぬ!  最新OSだがね、なんでできんの?
どうやらMacのバヤイ、一世代旧いOSでないとアップデートプログラムが動かないとのこと。
まあ、よくある話と言えばよくある話で、慣れていると言えば慣れているのが哀しい(笑)

速攻で嫁いだ娘の家まで走りwindows7を借りて作業終了。スマートリモコンは快適でっせ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/09/03

Blue Moon

古来、アメリカメイン州の農暦では二分二至(春分・夏至・秋分・冬至)で区切られた季節の中に4回満月があるときに、その3つ目をブルームーンと呼んだのが始まりとされるが、1946年に天文雑誌『スカイ&テレスコープ』がこれを誤解し、ひと月のうちに満月が2回ある場合に、その2つ目をブルームーンと呼ぶようになった。(Wikipediaより)

今年、つまり2012年の8月2日と31日がそれにあたる。次回は2015年の7月まで待たないとブルームーンを見ることが出来ないというのでデジカメを三脚に括りつけて撮影してみた。

Bluemoon

ASA125 1/250 f7.1 にて撮影後色調補正


当日の撮影時には雲が多く雲の切れ間を狙って苦労して撮影したが、よく考えれば普通の満月。金環日食以降、金星の太陽面通過など天体ショーばやりの風潮に乗せられてしまった(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/21

雲泥の差

少し前FinePix XP30のGPS機能は・・・云々という記事を書いた。
記事の終わりにも書いたが、初期不良とインネン訴えて、新品交換して貰うことに成功した。成功はしたものの、インターネット等で情報収集すればするほど、あのGPS補足の遅さが初期不良じゃないことが明白になってきた。そうなれば再び使おうという考えは消え失せるのが人情だ。

しかし、手元にあるのは新品のFinePix XP30のみ。使わないと決めたデジカメを持っていてもしょうがないので、まずは売り払う算段。正直に、初期不良で交換して貰った(笑)デジカメです。と書いて某オークションに出品した。GPSが使えませんとは、もちろん書かなかった。メーカーのページへのリンクはしたけど・・・(そこには写真を撮った後もタグ情報で楽しめますと書かれていた)。

あとは、新機種の選定。
当初は防水・GPS・Eye-fi使用可能が条件だったけども、全てを満足させてくれそうなデジカメが見あたらない。GPSの補足に時間がかかるのはやむなしという感じなのだ。
ところが防水という機能がないことを我慢すればかなり使えそうなデジカメを発見。それも売り払った金額に限りなく近い金額で購入可じゃないか!
それがCASIOのEX-H20Gという機種。
1000000558
ちょっとばかしデザインが野暮ったいが、<写真が場所をおぼえている!ハイブリッドGPS>という謳い文句にハゲシク惹かれてしまった。
早速購入し手にしてみれば、懸念のGPS機能は秀逸で家の中でも衛星を補足するし、車で移動してもそのコースを内蔵の地図上にプロットしてくれる。背面の液晶画面も大きく美しい。
ケースから取り出し、電源を投入すれば秒殺で測位。これが望んでいたGPS機能なんじゃよ。
気になる野暮ったさも革モドキのシールでレトロな渋さを醸し出す事に成功。
1000000559

革モドキシールで格好良くなったH20G

釣りに持って行って転けて水没しても大丈夫な(笑)バッグも購入。
今シーズンは事情で釣りに行くことは出来ないけど、来シーズンまでに使い慣れて「いつ何処で釣った魚」なのかひとめでわかるようになるゾ〜!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/04

FinePix XP30のGPS機能はないものと考えなければならないのか

iPhoneのカメラで写真を撮ると、ジオタグと呼ばれる位置情報が写真データに付帯して、iPhotoやiPhoneで画像を閲覧する時に「撮影地」というタグをクリックすれば撮影した場所がピンで表示される。
それは以前から知っており「なかなかスグレモノだワイ」と思っていた。実際iPhoneの3G電波が届く山奥の渓流でフライフィッシングを楽しむ際にiPhoneを持ち込んで、Twitterで「イワナなう」とか、写真を撮影したりもしたことはある。しかし、iPhoneをフライベストのポケットに入れて川の中を歩いたりして、水没の危険にさらすことは避けたい。でも、防水ケースに入れていちいち取り出すのも面倒くさい。などと漠然とした思いがココロの底にあったワケだが、ある日友人と近所のカメラ屋に行ったときに「プチッ」だか「ポチッ」だか判らぬが、スイッチが入ってしまった。
そこにあったのは、防水、GPS付きのデジカメ群。群というからには数種類のデジカメがあったのだが、デザイン、価格、機能等を鑑みると"FinePix XP30"。これに決まりかな?という感じだった。
XP30という、某基本ソフトメーカーの旧バージョンを思い出すネーミングに少しばかり不安を感じたものの、情報収集もそこそこに、そこは惚れたものの弱み的立場で購入決定。
情報収集の過程で知り得た、"Eye-fi Card"も購入。これは、簡単に言えば無線LAN機能付きのSDカード。デジカメに差し込んだSDカードを抜いてカードリーダーに差し込むとか、デジカメとパソコンをUSBケーブルでなどという野暮な行為一切無しで、デジカメの電源を入れるだけでパソコンに画像を転送してしまうというスグレモノなのだ。その他にも、FaceBookやYouTubeなどにダイレクトに画像や動画を転送したり、iPhoneのカメラで撮影した写真をEye-fiの機能を利用してパソコンに転送したりということも出来る。
またまた同時に、もう一台のデジカメ(GPS機能ナシ)でジオタグを付帯できるようにGPS_Loggerなるものも購入。これで完璧なジオタグ環境と喜んでいたのもわずかの期間だった。

1000000481

写真右が"FinePix XP30"、左がSONY製GPS Logger"GPS-CS3"、奥が"Eye-fi"

情報収集の段階で、デジカメのGPSは位置情報の取得に時間がかかるということはわかっていたものの、手元に届いた"FinePix XP30"は電源投入後「測位中」の表示が出たまま待てど暮らせど測位完了にはならない。設定をあれこれしても、犬の散歩に持ち出してみても、相変わらずGPSの衛星を捕まえることが出来ない(涙)。
このデジカメを購入する少し前に手に入れたSONY製のGPS-CS3は測位も数秒から数十秒で完了し、精度もまあまあで、そのイメージがあったものだから、落胆はでかかった。完璧なジオタグ環境は数日で崩壊の危機だ。
そうこうしているウチに、当初の使用目的のXデーが来てしまった。山の中の開けた場所で電源ON。くどいほど見慣れた「測位中」の文字。こんな事もあろうかとGPS-CS3をフライベストの中に忍ばせてあるが、水没はNGなので気を遣う。そんなこんなで時間は過ぎ、まあどうでもいいやとアキラメかけたとき画面右隅のGPSアイコンに衛星補足のサイン。おぉ!と喜んだものの、オレが求めているのは魚を釣った直後にデジカメの電源投入。魚をなだめすかしてポーズをとらせた頃には、GPSはすでに補足されていて写真を撮れば、目には見えないが写真データーには寸分の狂いのないジオタグ情報。そんなシチュエーションなのだ。ところがいつ補足されるか判らないGPS待ってたら釣り上げた魚が死んじゃうよ。オマケに自宅に帰ってジオタグ見たらとんでもない山奥にいる事になってるジャン。遭難でもしない限りあんなトコにいません!っての。

あまりにヒドイので、カメラを購入した店に行って「こんなんじゃ使い物にならん」「返品もしくは超高値の下取りをしろ」というような意味合いのことをぶ厚いオブラートにくるんで伝えたですよ。連絡先を伝えて帰宅したら2時間ほどで電話。「店に置いてある同じカメラで確認したところGPSの補足が出来た、したがってオタクのカメラの故障の可能性があるので新品交換に応じるよ。ただし同じ色がないのでちょっと待っててね」そんなことを申し述べてきたので許してやろうと思う。
だけど恐らく新品に交換しても思い描くシチュエーションで写真は撮れないだろうなぁ。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/07/03

蕎麦とコメダとアンダルシア

今年の春は、その訪れが随分と遅く、山は卯月を迎えても冬の装いを解かず、そのうえ雨ばかりが続いていた。
結局釣りも出来ず、蕎麦と温泉と釣りの年券を買うだけの、釣行の準備のためだけに出かけた春の初め。そこで訪ねたのが「時香忘」だ。
Img_1357

その時は、釣りの仲間と一緒に来たのだが、今回はカミさんに是非食べて貰いたくて、釣り竿も持たずの木曽来訪となった。

Img_1354

木曽福島から開田高原に向かう国道沿いにありながら、目立たぬ佇まいのその店は、注意していないと思わず行き過ぎてしまうほど周囲の林に溶け込んでいる。

Img_1359

駐車場から店の玄関へのアプローチを歩いていると、先ほどまでアスファルトの上にいたことを完全に忘れ去る。店に入り予約をしてから、店の裏を流れる川をながめたり、店内のミニギャラリーの作品を愛でたりしているウチに席へと案内された。今回はいちばんオーソドックスな「盛り」をオーダー。
蕎麦がテーブルにのるその少し前に、生ワサビと鮫皮のワサビおろし、そして蕎麦を塩で食べるのが好きなカミさんのために、特に店の方にお願いした塩が届いた。塩は、沖縄の「ちまぬーす」、アンデスの「赤い岩塩(ローズソルト)」、広島の「藻塩」の三種類も出していただき、楽しみが三倍増。

Img_1374

ほどなく、大盛りで頼んだ「盛り」が、目の前に。カミさんは、食べる前に「思ったより多いからあげるね」とこちらがニヤッとするようなことを言ったが、結局数本貰えただけ(笑)。

Img_1375

旨い蕎麦のインプレッションを文章で表すほどの表現力がないのが残念。蕎麦粉のつなぎにトコトン拘った蕎麦は、凄い弾力と噛んでいると徐々に増す粘度が何とも言えない。あれこれ塩の種類を替えたり、食べる分だけすり下ろしたワサビをトッピングして、つゆに浸して食べたり、思う存分蕎麦を楽しんだ。
その後、地蔵トンネルをくぐり、開田高原にはいる。気温は21℃。車の屋根をトランクに収納しオープンで走ると・・・雨(笑)。
そして開田高原アイスクリームへ。

Img_1377

カミさんは、バニラ。私はバニラととうもろこしミックス。まあ、おきまりといった感じ。
再び車の屋根を開放して、三岳方面へと向かう。
「和和(にこにこ)ぱん」「タビタのパン」でも買いに行こうかと思ったが、友人からメールで地元喫茶店への集合がかかっていたので、帰路につく。

帰宅後、集合場所のコメダ珈琲で友人達との話が盛り上がる。その最中カミさんからメール。「映画、見に行こう!」私の中の優先順位筆頭の方からのメールであるので、中座してカミさんをピックアップし、近くの映画館に滑り込みセーフ。アンダルシア 女神の報酬はそれなりに楽しめる作品だと思うが、またもやフジテレビの策略にのった自分がナサケナイ(笑)。欲を言えば、新藤結花役を演じた黒木メイサが少しばかり物足りないかな。もう少し知的なニオイのする女優さん、例えば黒谷友香あたりだったらいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/01

爪のアカ、下さい。

先日、入院中である我が父親の病状説明と今後の方針を説明したいのでお越し下さい・・・と連絡があったのでカミさんと二人で名古屋市内の某病院に出向きました。
父は、齢80。そろそろ認知症も本格化か?という状態で、胃がんに罹患。手術を経て入院中の身なのですが、消化器をはじめとする内臓疾患系の予後は順調で、問題は数年前から発症している軽度のパーキンソン氏病と軽度の認知症といった状態です。

最近の病院はインフォームドコンセントが徹底されており、懇切丁寧であることは知っておりましたが、今回の面談は素晴らしかった。
カンファレンスルームに通されると、医師、看護師はもちろん、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、相談員の方々が顔を連ね、ひとりづつ自己紹介の上で自分の担当する範囲で父の病状を説明してくれました。それも事務的ではなく、とてもフレンドリーで、こちらの質問にも的確に答えて下さいます。
私が医療従事者で、カミさんが介護福祉職なので、質問はどうしても専門的になりますが、すべてに澱むことなく答えて下さり、とても感謝しております。

現在の医療制度上で、長期の入院が困難で、今後の父の身の置き方も問題なのですが、そう言った問題にも相談員の方は親身に話を聞いて下さり、あくまで患者、その家族の希望を叶えたいという姿勢が見えて好感が抱けました。

何よりもそういったスタッフがみな若いお嬢さん達だったことに驚きを禁じ得ませんでした。
専門的な知識は学校に行って学び、資格試験を通過することによって、それを有することは間違いのないものとされますが、患者およびその家族に対する態度は、専門的知識の保証するものではないからです。

私の、努める医療機関にも多くの若いスタッフが居ますが、患者、家族に感銘を与えるということは稀なのではないでしょうか。そんな若いスタッフの爪のアカ、煎じて飲まなければ・・・と痛感しました。
もちろん、最初に飲むのはワタシですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/01

ガーデンカフェ 和さび 春日井市出川町

介護の仕事をしているカミさんにはゴールデンウィークというものがない。ゴールデンウィークまっただ中のダンナとしては、ツミホロボシ的な意味合いも兼ねて仕事場への送迎でも・・・と思い、職場へカミさんを送っていく。そこで少し早めに家を出て、カミさんの職場に近いカフェで時間を過ごし、夫婦の来し方行く末について愛情溢れる会話を・・・なんてとんでもない。春日井市出川町にある「和さび」というカフェときたら、モーニングはいいし、ゆったりとした椅子で、心地よいバリ音楽がBGMで、おまけに無料の無線LAN(FON)が使えるもんだから、写真撮ったりツイッターに書き込んだりで、会話なぞするヒマございませんでした(笑)。
Img_1114

バリの彫像が迎えてくれる店の入り口

Img_1097
店内から眺めることが出来る滝

Img_1100
選ぶことに迷ってしまうモーニングメニュー

Img_1101
モーニングに付いてくるアツアツのオムレツを作るシェフ

Img_1104
そのオムレツ 中身がトロトロでハムが入ってたりします

Img_1106
カミさんが頼んだベーグルのモーニング

Img_1107
私が頼んだ玉子トーストのモーニング

オレがあまりに一生懸命写真を撮ったりiPhone触ってたりするもんだから「かなり気にいったね」と言ってくれたカミさん。ごめんね会話なくって(笑)。今度来たらオハナシしようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/24

二軒の喫茶店

今日は仕事だっちゅうに、午前中から友人からお茶の誘い。
この旧くからの友人は細菌…もとい、最近九州から転勤で地元に戻って来た。
頻繁に名古屋めずらし情報を九州の友人達に向けて発信しているようで、先日も喫茶店のモーニングに付き合ったばかりだ。
「まだ朝めしも食ってない」というので、超弩級モーニング情報(モーニング食べ放題 400円)というのを伝え午後からのお茶を約束する。

おやつの時間に待ち合わせたのは「コメダ」。九州で大型バイクに目覚めた彼は、BMWの1200ccに乗って颯爽と?現れた。

1303642145955_2

バイクはカッコいい、バイクは。ウエアも決まっている。だが中身は50過ぎのオッサンであるのでコメントは控える(笑)。

コメダでは中部地方と九州地方の食文化、その根源に潜む風土に関する考察…というかなり深遠な話題で盛り上がる。
当然目の前には、シロノワールだ。

1303642147926


彼は写真撮影に余念がない。

1303642149235


フツウは撮らない食いかけのシロノワールまで接写している(笑)。

私の仕事の時間が迫って来たので、店を出たが、今日は取材の一日となったであろう彼は、今頃写真編集に、あるいはSNSへのアップロードにいそがしくしている頃だろうか。


日記のようなもの | | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/13

カメラを持って散歩してみた

陽気がいいので、ワンコとの散歩をカメラ持参でブラブラ。

歩いて10分位すると小川があって、あまり綺麗じゃないけど水の中に亀の親子発見!
Dsc02013_3

土手にはタンポポ。
Dsc02015

菜の花も春の風に揺れています。
Dsc02016

少し上流に行くと甲羅干しの亀、こちらも親子?
Dsc02018


春の定番、ツクシも。
Dsc02028

ルートを替えて丘陵地をめざすとモモ畑。
Dsc02038

小牧基地を飛び立った自衛隊の輸送機でしょうか?ご苦労様です。
Dsc02040

方向を変えると、小牧市民球場の遙か向こうに名古屋駅のセントラルタワーズが・・・。
Dsc02044

青空にピンク色のモモが映えます。
Dsc02054

丘を降りて自宅近くに来ると、交差点の花壇に色とりどりの花。
Dsc02058

小一時間の散歩で自宅周辺をグルリとまわってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧