2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

2022/11/10

AirTagの電池が減って警告がきた

自転車の盗難防止のため自転車に取り付けていたAirTagから電池残量減少のお知らせ。

Img_9538

どうやら現在地は表示するものの、その他の機能は制限がかかっている様子。 まあ簡単なので電池交換しよう。

Photo_20221110092701

自転車のヒミツの場所からAirTagを取り外す。 うむ、綺麗なままだ。

Photo_20221110092801

Appleロゴが付いたステンレス製の蓋を半時計方向にずらすと簡単に電池が現れる。

Photo_20221110093001

家にあったボタン電池を交換。 PanasonicからTOSHIBA。 特にメーカーに理由はないけど(笑)。

Img_9537

バッテリ残量低下の表示は消えて正常な表示に戻った。 取り付けたのはほぼ一年前なので安い保険料かな。

 

 

2021/11/21

牡蠣の食い放題に行ってきた

10月の初旬、まったく随分久し振りに名古屋都心部に出かけ牡蠣を食べに行ってきた。 いつものオイスタールームでフェアーを実施しているのを知ったからだ。 いつも行く名古屋ラシック店は17日まで店内改装のため休業中なので19日に予約を入れた。 到着すると店の前に置かれた椅子には行列ができている。 予約しておいてよかった・・・と安堵しつつ店内に。

予約したのは、牡蠣食い放題のスタンダードコース。 内容はと言えば、生牡蠣2産地4個、素焼き、ワイン蒸し、カキフライ、ガーリックバターソースと香草パン粉焼き牡蠣、ウニ牡蠣醤油焼き、牡蠣スープ。 

Img_6029

今回の生牡蠣は岩手県赤崎産と広島県倉橋島産の二種。 赤崎産は大ぶりであっさりとした味わい。 倉橋島産は小ぶりだが濃厚な味わいが楽しめる。 

Img_6030

焼き牡蠣は味が濃縮されて旨い。 香草だったり雲丹だったりと味に変化をつけ楽しめる。

Img_6031

蒸し牡蠣も濃縮された味わいで美味しいが、加熱によって身が縮んで食感が豊かではないのが少し残念。 食べ放題なので追加は自由で、QRコードでメニューから追加できるシステムが手軽で、ついついどんどんとオーダーしてしまう。 合計いくつ食べたのか定かでないほど(笑) しかし牡蠣ばかりでは飽きてくるので牛肉のタリアータというローストビーフみたいなものや、牡蠣とベーコンのブルスケッタというバゲットのすライスにペーストがのったようなものも追加注文。さらに牡蠣を追加して食べまくる。 しばらくは牡蠣を食べなくてもいいなと腹をさすりながら店を出た。

松坂屋南館の4階にあるヨドバシカメラでちょっとした買い物。

Img_6037

そのちょっとした買い物とはAppleのAirTag 。 

Img_6040

帰宅後の後日、AirTagをAppleIDに紐づけて自転車のしかるべき場所に設置。 すごいねAirTagはいろいろと動作確認するとその機能にびっくりするところもあり、これは使えるワイと感嘆したけど、自転車の居場所さえ判ればいいのでオーバスペックなんだけどね。

 

 

2021/02/12

楽天モバイルと格闘した

近頃テレビで、楽天モバイルのCMをよく見る。 内容といえば、1年間無料。 通信も通話も。 その後は使用量に応じて回線使用料は必要だけれど、格安の料金だ。 なんと言っても1年無料という甘いささやきにグラリと来たわけで、さっそく申し込んだ。

おっと、その前にやるべきことがあった。 いままで利用していたイオンモバイルからのナンバーポータビリティー番号取得だ。

Img_4270

イオンモバイルのアプリを使って、MNP予約番号の申し込みをする。

Img_4271

予約番号が取得できないうちは、申し込み中である旨の表示だけ。

Img_4274

少し時間が経つと予約番号がもらえる。 イオンモバイルは期間のシバリなどがないのであっさりしたもので、コレで新しいキャリアとの回線が確立するとMNP成立ということになり、イオンモバイルとはオサラバ。

次いですることは、楽天モバイルの申し込みだ。 こちらもネット経由で簡単にできるはず・・・。

Img_4304

 

楽天モバイルのサイトにあるRakuten UN-LIMIT V申込みボタンでスイスイと申し込み。 とてもスムーズに完了した。

ついでにカミさんも楽天に鞍替えするというので、おなじことを繰り返す。 数日後、ほぼ同時刻に完了した申し込みであるが、カミさんのほうにはSIMカードが届いたが、私の方にはなんの音沙汰もない。

どうなっとるんじゃ(怒)。 とイラッとしたところに、予期せぬメールが届く。 

Img_4306

 

想像だにしないキャンセルメールにうろたえる。 これはどうすればいいのだ! 実店舗に出向き「おらぁ!」と殴り込みをかけろと友はいう。 しかし冷静に申し込みの経緯を振り返ると、フト思い当たるフシがないこともない。 楽天には随分昔にIDを作って、会員情報はそのまま放置しており、登録電話番号が今はなき固定電話のそれだったのだ。 

楽天のサイトに行って会員情報を更新して、電話番号を携帯電話の番号に更新して、再度Rakuten UN-LIMIT Vの申し込み。

Img_4305

先日と同じメールが届き、あとは待つのみ。 再びキャンセルを喰らうのか、それともSIMカードが送られてくるのか。

実はSIMカードを待つ間にもドタバタ劇が展開されていたのだ。 先行で届いたカミさん用のSIMカードを得意げに自慢していたら悪魔のささやきが聞こえてきた。 「奥方の携帯はRakuten UN-LIMIT Vに対応してませんぜ、ふふふ・・・」 な、な、なんてこった! いろいろ考えた結果、カミさん用に新しい携帯を買うという着地点しか見いだせなかった(涙)。

さすがAppleはやることが早く、翌日にはカミさんのiPhoneSE(第二世代)が届いたので、イキオイで楽天モバイルの設定を済ませてしまう。

Img_4293

カミさん関係が片付いたタイムリーなところへ、私のSIMカードが届く。 さてここからが本番・・・カミさんの分の設定で経験値が大きくアップしているし、先発で楽天モバイルを導入した友人からの情報もあり何の問題もないだろうと思っていたけど、ふたたび邪魔が入る。 

「奥方の携帯はRakuten UN-LIMIT Vに対応してませんぜ、ふふふ・・・」と悪魔のささやきをカマした友人からLINE届く。 内容はといえば、楽天モバイルのAPNの設定が出来ないというもの。 彼はウチのカミさんと同じ機種を使っていたので、Rakuten UN-LIMIT Vには対応せず、楽天への乗り換えはしないといっていたはずなのに。 なぜに楽天モバイルの設定をしているのだ。 しかし困っているようなので、助け船を出す。 どうやら設定が完了し開通したようだ。 そこで時間を食われたせいで自分の設定が大きく遅れた。 実は楽天モバイルの設定は設定自体が完了していても、楽天内部の手続きのために開通までにかなりの時間がかかる。 その日のうちに開通を迎えたかったけど、無理なようなので設定だけは済ませて一夜が明けたら開通していた・・・という状況にしたつもりが、一夜が明けても楽天のアンテナが立たない。 ネットで探ると開通の手続きは午後9時までということがわかった。 午後9時を過ぎると開通は翌朝の9時以降になるとのこと。 まあ、ココは待つしかない。

楽天モバイルのAPNの設定が出来ないと泣きを入れてきた彼が、なぜ楽天の設定をすることになったのかを問いただすために朝の9時に喫茶店で待ち合わせをして、いろいろ聞いた。 どうやら旧い機種の状態が芳しくなく、新機種導入を決断し、こっそりと楽天の設定をして私の鼻を明かそうとしてらしいが、大失敗してSOSとなったという顛末。

お茶を飲み終わって午前10時になってもこちらは開通せず、時間が経つのがもどかしい。

Img_4299

10時半頃になってイキナリ開通のアンテナが立った。

Img_4307

やれやれ、ドタバタではあるものの何とか開通。

 

 

2020/11/25

iPhone12mini到着&データ移行

Appleに発注していたiPhone12miniが届いた。発注が11月21日、到着が11月22日なので、あっという間の出来事という感じだ。 事前にamazonに発注しておいたケースとガラスフィルムも時をおかずに到着。

Img_4013

iPhone12miniは128GBモデルの黒。 ケースはPITAKA MACEZ CASA for iPhone12mini。 防護フィルムはNIMASO。

さっそく古いiPhoneSEからSIMを抜いてiPhone12miniに挿入。

Img_4593

iPhone12miniにはSIMスロット開閉用のピンが同梱されているので、スロットの穴にピンを差し込んで入れ替えるだけの単純な作業だ。 ちなみにお約束のAppleステッカーも同梱。

3_20201125065301

ケースはアラミド繊維製カーボン風デザインの極薄のもの。 内部にマグネットが入っていて同社製のワイヤレス充電やホルダーに対応しつつiPhone12のマグネットともNFCおサイフケータイ機能とも干渉しない(らしい)。 いろいろ触る前にガラスフィルムも貼ってしまう。 フィルムはガイドが同梱されているのでガイドに沿って置くだけという感じ。

4_20201125065301

あとは旧いiPhoneSEを隣に置いてbluetoothを利用してデータ移行。 途中でOSのアップデートも入ってきたりして1時間ほどもかかってしまったけど、この間はノータッチで作業終了。

Img_4595

あとは軽く初期設定と、バックアップしてあったLINEのデータを復旧して、SIMのプロファイルをインストールすれば普通に使える。 ただ写真の枚数が多いので写真だけは少し時間がかかってしまったけどね。

 

 

 

 

2020/07/30

マイナポイント予約完了

9月にはじまるマイナポイント事業というものがあって、いろいろ手続きが必要なんだけど、キャッシュレス決済を利用することで、最大5000円が国から支給されるという、キャッシュレス決済のキャッシュバックに続く国の事業。

そのためには、マイナンバーカードの所持が必須。 マイナンバーカードは持っているし、マイナンバーカードを読み取るカードリーダーもある。 これに乗っからない手はないでしょ・・・ということで調べてみると、国の施策がボロボロなのが露呈された。 

先般の特別定額給付金の時もそうだったけど、まったくスムーズに行かないことだらけ。 定額給付金の時は利用者の無知的な部分もあってコトが進まないなんて感じだったけど、今回はちっとばかり事情が違う。 マイナポイントについていろいろ探ってきた結果、手続きにはマイキーIDというものの取得が必要で、その後どのキャッシュレス決済を使うか決めるといったかんじで手続きしていく。 それらにはスマホもしくはパソコンがいるんだけど、そのスマホにはNFC・・・いわゆるおサイフケータイ機能がついていることが条件。 パソコンの場合Windows上でInternet Explorerを動作させないと使えない。 

ワシのようにNFCのついていないiPhoneつかいでMacつかいとなると、為す術がない。 娘の家にってWindowsパソコンを使わせて貰ってやるか・・・と考えたけど、どうやら市役所やコンビニなど手続きの出来る場所があるらしいので、それが手っ取り早そうだとわかる。

Img_3512

近所にある市役所の支所に出向いて、手続きをすることにした。 幸いなことに手続きや、パソコンの操作に詳しい職員の方に対応して頂くことが出来て、スムーズにマイナポイントの予約完了。 とても助かった。 コレであとは9月になったらキャッシュレス決済に20000円をチャージすれば5000円いただける・・・はず。

それにしてもお国のやることは、マヌケとしか思えない。 NFC機能のないケータイを使っている国民はたくさんいるだろうし、Macでしか手続きできない人も多いだろう。 ただでさえ複雑な手続きなので門戸を開放するどころか狭めてどうする。

 

 

2020/01/16

壊れたMacBook Airをメルカリに出品してみた・・・の後日談

去年の12月に投稿した壊れたMacBook Airをメルカリに出品してみたの後日談である。

既報通り壊れたMacBook Airはメルカリに出品後ものの10分で売れた。

51ffe889258e433ebe059369537841d4_1_102_o
ジャンク品として販売

 

無知なオッサン的には、高額で売れてホクホクなのであるから、それはそれでとても嬉しいことなのだ。

ところが売却後のやりとりで「メモリが壊れてました」と軽く受け流されましたが、そこがとても気になる。
巷では、MacBook Airのメモリはメインボードに固定されており、メモリの増設というかグレードアップは無理・・・というのが定説で、この機種はメモリが壊れたらそれでおしまいというのがあたりまえなのだ。

インターネットでどれだけググっても「アンタ、そりゃ治すなんて無理だよ」と木で鼻をくくったような記事しか出てこない。

ところが購入者の方は、その壁を苦も無く乗り越えて修理して動くようにしたらしいのだ。

そこで気になるのは、長年愛用したマシンの行く末。

 

Dc1300daaf014b5f890dade2d088a4e9_1_102_o
メルカリで売られてました

 

購入者の方のIDを頼りに探してみたところ、ありました(元)私のマシン。 およそ3倍の価格で売却済み。

 

720d2a1adb9c4ca78bda107d84645b46_1_102_o
まごうことなく(元)私の愛機

バッテリーは充電回数が1000回に近づきへたりがみられたので、交換したから充電回数が少ないのはあたりまえ。
購入時からハードカバーをして、使用しないときには防護用のソフトケースに入れ保存していたし、落としたりぶつけたりしたこともないので綺麗だと自負していたが、こうやって第三者から「美品」とか「綺麗な状態」とか言われると手放したマシンと言いながらも嬉しい。

自分で治せなかったのはつくづく残念だったが、誰かがどこかで使っていてくれるとわかって、嫁に出した娘が幸せに暮らせているだろうかと心配するのと同じような気持ち(笑)

反面、もっと修理してくれるところを徹底的に探して安上がりに済ませておけばよかったというビンボー根性も頭をもたげていることも否めない(笑)

 

 

2019/12/19

壊れたMacBook Airをメルカリに出品してみた

先日壊れたMacBook Airをメルカリに出品してみた。

まあ、値段はいくらでもいいのだがとりあえず10000円で出品。

早速いいねが幾つかと、6000円でどう?というコメントが付いた。

出品してものの数分で売れてしまうのもアレなので、7500円なら…と返事をしておいたけどどうなりますやら。

少し楽しみます。

05f1dd1be60041bb89725e3af3a6bd98
こんな感じで出品

楽しむ間もなくものの10分で売れちゃいました(笑)

6000円でどう?から7500円なら…と返事した矢先、SSD付けてくれたら10000円で買いますとの別の人からコメント。

SSDは壊れた原因調査の過程で取り外して色々調べていたんだけど、復旧は無理と判断した時点でフォーマットしちゃっていたので取り外したままにして出品したんだけど、それを付ければ10000円になるというなら躊躇はない(笑)

速攻でやり取りして商談成立となった次第。

 

 

取引終了後の後日談

 

 

1ea3873bb68947f0b325b301619a61d5

買い手の方からメッセージがあり修理できたようです。

愛着があったマシンなのでどんな形にしろ治ったことは嬉しい。

自分にその技量がなかったことが悔やまれますが仕方ないですね。

 

2019/12/15

新しいMacBook Airがやってきた

先日逝ってしまったMacBook Air、ポチった新しいマシンが届いた。今度は同じMacBook Airの13.3インチ、カラーはスペースグレーにした。

704859972378431399c4455dcd175fa3_1_201_a
届いたブツを旧マシンと比較

画面サイズは同じでも、ベゼルの細さもあり全体的に小ぶりになった。 なんとなくシャープな印象。

前のMacBook Air 2011Midは電源を入れると背面のリンゴマークが光り「使っておるぞ」と外部にアピールしていたけど、今度は黒光りするだけ。 ま、シブイといえばそうなんだけど。

C98df31783614abdb9354d4e3bacd496
蓋を開けると電源が入る・・・らしい

なんとなくシックな装いのオトナのパソコンといった感じがして一発で気に入った。

1d9de277927f4f22ab601a24c40ec9b5
少し変わった場所が・・・

キーボードの右上に黒い小さな四角。 これがTouchIDでWebのパスワードなんかを指紋で自動入力できるボタン。
なにからなにまで指紋で済ませてしまえるわけでもなく、システムの変更なんかはパスワードが必要らしい。まあ、それならそれでも全然構わんよと鷹揚な気持ちで使っていこう。

気になっていたキーボードのタッチであるがまったく問題なし。これくらい浅いタッチの方が自分向きかなとも思う。

 

9b054b5517ee4194b94b58174f9c3d87
OSはプリインストールなのでデータの転送から

電源を入れてwifiのパスワードを教えてあげればどんどん進んでいく。 ワタシの場合はTime Capsuleバックアップからの復旧なのでTime Capsuleを指定するとそのまま待つだけ。

02bf4c234b774dc19fb220742cee75e6_1_201_a
やっと転送が終わったようだ

いやはや、ここまでが長かった。最初に表示された転送時間は6時間半くらいだったけど、wifiの状態が悪いのか遅々として進まない。 一晩の放置プレー後も残り転送時間1時間半くらい。 まあ、動いているようなのでそのまま出勤する。
帰宅後画面を見るとCompleteと表示されているので転送終了だなとわかる。

024bde9c702248988511988aa490a00e_1_101_o
そこから起動して

79efd3cf5daa4e43920dc0c39ac0ddc2_1_201_a
指紋の登録して

3cf8438da17c42e5843a846dabeb26ca_1_201_a
Webの立ち上げ

特になんの問題もなく・・・と思ったら、バックアップ機能のTime Machineから文句がきた。 なんでも設定した暗号化ファイルではバックアップがとれないとか。 File Vaultとかいう機能のせいでできなくなるとか。

とりあえずは動くようになったので、そのあたりを自分に合った設定にしつつ使っていこうかと思うオッサンなのであった。

 

 

2019/12/01

MacBook Air 2011 Mid 不調 (ご臨終の疑い)

De87f7b9b2364e3ea0a6dd9fc79fc767
MacBook Air 2011 Mid

 

MacBook  Air でこのブログ書いていたら、突然のブラックアウト‼️

最初は何が起きたのか分からず、バッテリーがなくなって電源が切れたのかと思っていた。 しかし思い返せばフル充電もしくはそれに近い状態でブログを書き出したはず。

バッテリーのセンは可能性が低いので、他を疑う。 まずは電源再投入。

すると今まで聞いたことのない『プープープー』という三連続のビープ音が繰り返し鳴り、ブラックアウトのまま。

ここに来て事態が深刻だと気付き、状態をネットで調べ、解決策を模索する。

いくつかの解決策があるようで、次から次へと試すものの、状態に改善は見られない。

 

Ef81c845e7324d6884d7edb9045f513c
裏返し10か所のネジを外す

 

キーボードを使った各種リセットを試した後は、藁にもすがるというわけでもないが裏蓋を開けてSSDとバッテリーを抜き差し。MacBook Airはメモリが基盤にハンダ付されているのでメモリの抜き差しはできない。一番疑わしいメモリはノータッチということで作業を進める。

 

00e9ed156f454698acf0d03ba818e89e
裏蓋を開けたところ

 

 

Da3308bc8a2342bd8b9b930fc3ce978a

バッテリーも外す

 

Cf6d082f0bad4d06a529ea388dabf1a8
SSDも外す

 

実はこのMacBook Airは過去に2回のSSD交換、1回のバッテリー交換をしている。なのでここまでの作業は手慣れたもの。

ここからは逆に組み込んで蓋をしていくだけ。 まさかコレであの起動音が聞こえるようになるとは思わないが、一縷の望みを抱いて電源ON。

聞こえてくるのは『プープープー』という情けないビープ音だけ。

まあ8年以上働いてくれたMacBook Airであるので致し方ないという思いが強い。

ただ最新のMacBook Airはキーボードに問題があり来春には新しいモデルが…という噂があり、それまでなんとかと思っていたが早晩現行のモデルをポチることになりそうだ。

 

0581ca7013c4478fa0539a3a687d0f25


ちょっとカスタマイズしてこんなもんかな

 

 

 

 

 

追記 (2019/12/2)

 

さっそくポチりました

 

979d3313d0784c42a6d4e82ae14e471e

2015/02/19

デジカメなんぞを買ってみた

久し振りにデジタルカメラを買ってみようと思い立った。
前回の購入は丁度5年前。SONYのcyber-Shot DSC-HX1という機種を購入して以来。
ワタクシ的にはデジカメに画素数や画質を求める方ではなく、デジカメの持つ付加価値機能の方に目が行くタイプなので、なぜこのデジカメを選んだのかは定かでない。おそらく当時としては高機能だった連写やらズームだのに目が行ったのが理由なんだろう。ところがMac使いとしてはiPhotoで地図上にパパパッと撮影地点が現れて欲しい。それをやりたい一心で、撮影した画像にジオタグ(位置情報)を付け加えるため同社のGPSロガーと連携したりしてなんとかやりくりしていたのだが、同機種はメモリーカードがSONY独自のメモリースティックにしか対応していないのが原因で、撮影後wifiを利用して画像を転送することの出来るSDカード形状のEye-fiカードが突っ込めない。
それでも光学20倍ズームをさらに倍加するテレコンバージョンレンズを追加したりしてそれなりに楽しんでいた。
それから五年を経て、同シリーズも3度の世代交代を成し遂げ、昨年フラッグシップ機として登場したのが今回購入に至ったDSC-HX400Vだ。
Img_3233

前述のように付加価値に重きを置く身としては、この機種に備えられているGPS機能、wifi機能そして光学50倍ズームを見捨ててはおけない。
iPhotoに撮影地点がパパパッと表示されて、iPhoneをリモコンとして使えて撮影後の画像も転送できて、テレコンを使わずとも50倍ズームなのだ。興奮してしまうじゃないか。

性格的に一眼レフなどというグレードアップに金のかかりそうなデジタルカメラを購入すると本体より価格の高いレンズやらそれに見合った三脚、それに見合ったバッグなどと、それに見合ったシリーズに大枚を投入しそうで、そのような禁断の世界に足を踏み入れることを自制できる年頃になった我が身ではあるが、それでも今回いろいろと購入してしまった。



Img_3240



このデジカメを購入して知ったのだが、バッテリーの充電はUSB経由で本体のMicroUSBに給電するのがデフォらしく、ACアダプタとケーブルのみが附属していた。カメラを使っている最中に充電が出来ないのだ。予備のバッテリーを充電するのがとても面倒くさい。よってAmazonで中華製と思われるバッテリーと充電器を購入。ビックリするほど安い。



Img_3239



ついでに附属のネックストラップがショボかったのでハンドストラップもAmazonで。送料込みで300円というのはあり得ない値段だと思う。




Img_3235
丁度、自宅で利用しているフレッツ光のポイントが貯まっていたので、それを利用してeyefi mobiも入手。

環境が整ったところで「さて・・・」と使い出すのがカタチから入る人の道。
ご多分に漏れずカタチから入るタチなので、全て揃うまではほとんど放置状態で、パラパラと説明書を眺め少し触ってみた程度で、ホホゥなどと感心していたが、本格的に動作させてみるとどうも違う。イマドキはYouTubeなんかで眺めた方が説明書を読むより取扱い方法が理解できるため覗いてもみたが、その画面に出てくる画像とわが愛機となったHX-400VとそのリモコンであるiPhoneの画面とがビミョーに違っている。
しょうがないので説明書を読むと、どうやらファームウェアのアップデートをしなくてはならないようなのだ。  「そうか、そうか、アップデートね」などと軽い気持ちでファイルをダウンロードしてアップデート作業にとりかかるものの、途中でエラーが出てアップデートできない。インターネットで調べたり取扱説明書を読んだりしても操作に不備はない・・・はず。
しかたが無いので最終手段のカスタマーセンターに電話を掛けると、要領を得ないオッサンがボソボソつぶやくばかりで訳がわからんので「もっと詳しい人に替わってちょ」と選手交代してもらったところ、テキパキとした若者が出てきてキッパリ言われた。
「お客様のMacOS 10.10では使えません!」
なぬ!  最新OSだがね、なんでできんの?
どうやらMacのバヤイ、一世代旧いOSでないとアップデートプログラムが動かないとのこと。
まあ、よくある話と言えばよくある話で、慣れていると言えば慣れているのが哀しい(笑)

速攻で嫁いだ娘の家まで走りwindows7を借りて作業終了。スマートリモコンは快適でっせ。